新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大切なのは消費者が何を信用し信頼するか。
もうマーケティングの一手法には惑わされない消費者が増えている中でブランドが何を大切にし、どれだけ丁寧に消費者のことを考えているのかが問われてきている。
こだわりのポイントは消費者によって違う中、自社のものづくりのこだわりを丁寧に紐解くことが心を捉える鍵になる。
共感というキーワードが注目される中、さまざまなツールを効果的に使って納得度を上げていくことがますます重要。
中国のみならずではあるがやはり中国のお客様の感性がどんどん磨かれていっているのは注目すべきポイント。
>テクノロジーによる透明性の向上が、消費者の信頼とブランドロイヤルティーを高める
などありますが、信頼を高めるためにどうするのかが大切になってきていますね。

商品が溢れて選定が難しくなる一方。
信頼をどう作って消費者に購入を促せるかなのだと思いました。
これは中国だけの話ではない、生産過程や作り手などを明確に見せることによって支持を得る、そしてインフルエンサーや芸能人より一般人の正直な感想が影響力を持つなど、日本でも起きていることです。これからの時代、ブランドの透明化はやっぱり大きな成功要因になると思います。
タイトルはパンチ力あるけど、
内容は当たり前の事ですね。。
いつの時代でも変化は求められている。
マーケティングは常に消費者に寄り添い
新しい空気を創っていかなければならない。
中国消費者は多方面からブランドを見るようになってきました。

海外での成功体験は中国市場に通用しないケースが多くなってきているため、中国での事業展開は、中国消費者の嗜好に合わせてブランド戦略を立てて、ターゲット層に如何に効率的にマーケティングしていけるかが、勝敗のポイントになります。

「郷に入っては郷に従え」ってことですね。
中国で散々インフルエンサー、KOLのプロモーションしておりますが、新規獲得にKOLのクチコミが重要な要素であることには完全同意です。
ただそれはあくまで導入部分で、最終的にはブランドの商品力、ユーザーとコミュニケーションを密に取って商品を使い続けてもらえるファンになってもらえるかが1番重要だと感じています。
日本や台湾と違って定期購入に持って行けない、そして新規獲得コストが日に日に高騰している中国においては、LTVをどれだけ引き上げられるかのほうが重要になってきています。
頑張ってKOLに投資して新規取っても、リピートしてくれなかったら、びっくりするほど儲からないビジネスになっていきます。