新着Pick
58Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイトルは「世界と比べて採用が困難か」だけど、この分析で面白いのは、「アジャイル化やDXが進んでいる企業とそうでない企業でどこに投資をしたか」の差。
デザインスプリントやカスタマージャーニーマッピングの差がとても大きく、顧客の体験の向上に関してお金を使えているかどうかが、2つの企業群を分けているのが分かって面白い。
まぁこれは、そもそもその段階に進んでいるか、って問題が大きいので、こうなるのは当たり前といえば当たり前なのだけど。
2200名の回答者をどう選択したかによって結果は大きく異なるので、日本が相対的に困難とは断定できない。

困難か?とはその通り。
この記事からは特に何もわからないのでは、、、
ラガード組織に不満が多そうなのは、それは古今東西そうだろうなあと、想像の範囲を特に超えない。
業界構造という点で言えば、20年も前であればIT業界というシステム構築を専業とするSEを要した企業群という定義で存在していましたね。
しかし、DXと言われる時代にはそれぞれの企業にもIT技術者がおり、専門のIT企業とDXを推進していく時代になりました。つまり、IT技術者はIT業界だけに必要な人材ではなく、すべての企業にとって必要な存在となってきていると言えると思います。採用は日本人だけではなく海外にも拡げることで充足できる可能性がありますが、日本のIT技術者の育成は大きな課題であることは間違いないですね。