新着Pick
770Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カーニーの卒業生であり、また関灘さんと仕事をしたこともあるので何となく想像がつきますが、明らかに関灘さんがトップに立ってから、カーニーはスタートアップなどの「尖った個人」との交わりを強めさせたように感じます。

このインタビューは先日のアクセンチュアの日本法人トップのインタビューに対するアンチテーゼのような内容です。
「パターンメイドとオーダーメイド、コンサルタントとしてどちらをやりたいか?」より具体的に言うと「(アクセンチュアのような)優れたビジネスモデルをもつ会社の歯車としてひとつの専門領域を繰り返しやりたいか、尖った個人としてやり方は問わないから毎回違うCXOアジェンダに取り組みたいか?」という問いを、この記事を読む優秀な人に投げかけているようにも見えます。

カーニーの先鋭化が進みそうですね。
リセッション期でも、CEOアジェンダ(CEOと手掛けるプロジェクト)は減らない。逆に、技術トレンドをリサーチして実装可能になってくる技術を把握する仕事や、新規事業を考える上で参考になる事例を洗い出す仕事は減る。

つまりクライアントが内製できてしまうような仕事は減るが、「尖った個人」が手掛ける代替不能な仕事はなくならないと語るA.T. カーニー日本代表の関灘 茂氏。

戦略コンサル業界でもっとも若い38歳で代表に就任した凄い人なだけに、そのクライアントへの価値の提供も、入社したほうがいいと思う人を紹介するなど「ここまでやる?」というスケール。

デジタル、デザイン、サイエンスと1人3役をこなすとは、一体どのような経験を積めばいいのか? 学びも大きいインタビュー記事です。
「尖った個人を集める」これをするには、優れた猛獣使いが必要。尖った個人が考えていること、行うことは一見その事業と関係ないことのように見える。しかし、新しい視点を投げ掛けたり、中長期的に見ればその組織に大きなメリットをもたらすこともある。視野の広い、器の大きい「管理者」が必要。
「各領域の一流と言われる方々は論理的思考能力が高く、本質を捉える習慣を持ち、人の感情やデザインに対する理解も深い」

人の繊細な感情をおろそかにして脱落していく優秀な人をたくさん見てきました。若いうちから文学や映画に触れておく習慣が必要なのは、人間の感情が渦巻く戦場で生き残るためでもあります。
昨日の『数を集めないと話にならない』と語るアクセンチュア代表の話と、今日の『少数精鋭のスーパーマンみたいな複数領域に精通した尖った個人』で勝負するA.T.カーニー。コンサルファームも戦い方がそれぞれ違って面白い。
組織力があるファームに、尖った個が複数いると最強だなと思います。
組織力を重視している会社は、個を消そうとしますが、逆で、組織力がないから、個を消してまとまっているように見えるようしているだけではないでしょうか。


》“尖った個人”がどれだけファームにいますか、という勝負
関灘さんの記事。“尖った個人”という表現がとても良く、かつ共感もする。
越境能力を有する人は、様々な事に卓越しながら、かつ知的好奇心に溢れ、楽しそうにしている。そういう人は周りもポジティブにする。そして、デジタルを絡めた仕事において、その様な越境能力有する人がとても大事である事は身にしみて分かる。

記事後半の「データ」の取り扱いに関しての話はとても大事なので、そのまま抜粋。(一部加筆)
『成果を生み出せていないケースでは、データありきで考え、本当にビジネスにつながる洞察がないまま、データをこねくり回しているという事態が散見されます。「データレイク(データの湖=プールのこと)を作りましょう」という外部からの提案をもとに、取り組みを進めるも成果を生み出せていないケースが典型例です。“湖”にさまざまなデータを集め、分析することで、売上・利益につながる打ち手を見出そうとするも、どのような目的、どのようなビジネスのインサイト(洞察)があるのかを見立てた上で、どのようなデータを取得する仕組みを作ると価値があるかを考える、という順序が、多くの場合に必要です。』
ATカーニーにおいては「尖った個人」が重要、自社でデジタル部隊は持たない、など必ずしも規模拡大にはこだわっておらず、伝統的な戦略ファームのスタイルを守る方針に見える。BCGのようなファームとの違いが垣間見れて興味深い。

それにしても38歳で戦略ファームのトップに就任とは、グレイヘアコンサルも今は昔。。。
こういう時代だからこそ
尖った個人に寄るのは本当にそう思う。

萎縮して動けない人の多い事。。。
こういう混沌の時期だからこそ
攻めていかなけばいけない。
「尖った個人が勝負のポイント」ということも、「インサイトこそが重要」ということも、弊業界と共通しております。
この連載について
アクセンチュアをはじめとする総合系コンサルティング会社が、規模も業績も急速に拡大している。その勢いは、戦略系コンサルはもとより、広告業界などに脅威を与えるほどだ。なぜ総合系はこうも伸びたのか? そして、エスタブリッシュなコンサル会社や広告会社はどう対抗するのか? 各社トップを直撃することで、その全貌に迫る。