新着Pick
199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本が一番手を狙いに行くというようなヘッドラインになっていますが、中国の台頭により世界、特にアジア地域が不安定化している現在の地政学的環境を考えて、本来であれば米国にとってアジアで最も大事な同盟国の日本と最初の首脳会談を行うことは極めて自然な流れだと思います。

むしろ、バイデン政権が発足後最初の100日の間、国内のコロナ対策や経済対策等に終われる中、早期に外交安保面の政策にも注力してもらうため、菅総理が連携強化のための具体的策を持ち込めるかどうかが首脳会談の重要なポイントになるのではないでしょうか。あるいは、日本を頼りにしたいと思ってもらえるような、立ち位置を築くことができるか。

昨年までワシントンにいて、シンクタンクから政府周りの動きを見ていると、日本政府はバイデン陣営の外交関係者と関係強化を図るため、これまで様々なプロジェクトを行っていましたし、直近では、2050年までのカーボンニュートラルの宣言を始め、選挙結果が出る前から、段取りとしても、バイデンシフトを少しずつ初めていたように見えます。

あとは、それらを通じて得られた機会やネットワークを生かして、新政権が日本と協力をしたい、日本政府から話を聞きたいと思えるような実弾を出せるか。菅政権下では、外務省の手腕が試されるでしょう。
まあ、早いのに越したことはないが「一番手を狙う」と目標設定すると「一番手になった」ということだけで満足してしまう。大事なのは何番であっても、日米関係のしっかり運営していくこと。
トランプ氏の場合、サミットに参加する先進国の中に“友人”と呼べる人がいなかった。この時すでに各国首脳の中でも古株メンバーだった安倍首相からの最速アプローチは“渡りに船”だったかもしれません。

一方、バイデン氏に対しては就任式後の“ホワイトハウス一番乗り”は、なかなか競争率も高そうです。副大統領としての経験もあり、各国に顔がきくだけに割って入るパイプを持てるかどうか。その意味では、大統領顧問や補佐官など次のホワイトハウス・スタッフの顔ぶれがとても重要で、ここ数日大使館や外務省、官邸などでも情報戦が続くと思われます。
16年のようにトランプ氏という外交的に未知のリーダー当選のときには急ぐ必要があるかと思いますが、バイデン政権では「専門家に委託する外交」に戻りますの「一番手」にこだわる必要はないと思います。
トランプ氏が大統領になった時は得体のしれない大統領だったので1番に価値がありました。
バイデン氏は大人の政治を行うので、1番にトランプ氏ほどの価値はないと思います。
まあ、早いに越したことはありませんが、1番を狙うより、意味のある初首脳会談を目指してもらいたいです。
バイデンはすでにカナダのトルドー首相と電話会談したので、それも入れたら1番ではないですが(笑

【再掲コメント】バイデンの対中国政策は、これまでのcombatからcompetitionに変化するはず。その際にはAI、5G、EVなどの分野で、同盟国と連携して総力戦で、中国の独走を抑えようとすると思うので、日本は先頭に立って協力すべきと思います。
1番手目指して欲しいけど、俺がバイデンなら一番最初はメルケル首相と会いますね。EUとの隙間風を埋めるのが何よりも重要なので。日米関係は既に堅牢なので心配はないので
外交について、この短期間ですでに評価がなされ始めているのが不思議。就任してこの期間では外交の成果をはかるほどの時間が経っていない。また、日米関係、特に安全保障における関係は今に始まったことではなく、長期の歴史的関係があることを踏まえた上で、中国、ロシア、朝鮮半島、インド、豪州といった主要な変数を評価しつつ、日本が戦略的に重要な場所にあることは固定要素といっていい。もう一つ重要になってくるのは、フィリピンの扱いでしょうね。

米比安全保障関係についてはこちらの記事を参照。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55499270R10C20A2FF8000/
一番手に拘る理由は何なんでしょうか?
お互いに実務派だと思うので、中身を伴うことが重要になるはず。アメリカの中身の優先順位が見えないと全方位外交になり、中身がカスカスになってしまうという状況は避けて欲しいです。→民主党政権時代によく見られていたかと
やはり何らかの理由でワシントンへ行き、バイデンさんにご挨拶されたほうがいいと思います。
そうすると、完全に安倍外交を踏襲する形になります。
一番先にバイデンさんに外交のいろはを教えてあげて、感謝されると思われます。