新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いったん雇用創出などの政治的な話は抜きにして、ボーイングのSLSかSpaceXやBlue Originといった新興企業という議論は確かに難しい。
長期的に考えれば間違いなく、SpaceXやBlue Originといったコストパフォーマンスの良いロケットを提供できる会社を育てるべきという判断になるだろう。一方、2024年までという短期間にまた月着陸を目指すのであれば、実証されたSLSの技術を使いたくなるのもわかる。

これから5年~最大10年くらいはSLSも使いつつ新興企業にも投資するという形になるか、それともSLSは諦めて新興企業のロケットでいくか。前者の場合は費用が膨らむし、後者の場合はロケット開発の遅れにともなうスケジュール遅延のリスクがある。難しい判断だ。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア