新着Pick
202Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国では資金の1割が個人というのが凄いですね。

所謂投資ファンドに出資してもらうとすると、適格機関投資家(QII)でない投資家(法人、組合、個人)からは49人までしか募集できない(それを超えると実務的ハードルが段違いに高くなるので、同じ仕組みでは実質不可能)ため、基本的に多人数の募集は意図されていません。個人が適格機関投資家となるためには、保有する有価証券残高が10億円を安定的に上回っている必要があります。

仮に適格機関投資家に該当したとしても、数億円程度のショットで少しずつ集めるのはブラックストーンのファンドサイズでは気が遠くなる一方、事務が煩雑になりそうですが、そこはブラックストーンならでは、効率よく管理する機能が既にあるのかなと想像しています。上記の規模の個人を集めても、ボリュームが限定的なので大して分散化にはならないとは思います。

他方、もしかしたら不特定多数への募集をはじめから想定して有価証券を販売する(アップフロントでお金も丸ごと貰う)という、REITや投資信託に近い仕組みを想定しているのかもしれません。そうだとすると、小口でも問題ないですし、本体のファンドよりは投資家の投資効率は下がりますが、一般的な投資商品よりは良いリターンを与えられそうです。
日本の富裕層を対象としたリテールバンキングビジネスからは、スタンダード・チャータード銀行、HSBC、Citibankなどのグローバルな金融機関は既に撤退しているため、資産運用について頭を悩ませている富裕層は、潜在的には相当な数にのぼります。

「日本で大手投資ファンドが個人から本格的に資金を集めるのは初」とのことですが、どれだけの資金を調達できるか非常に興味深いですね。日本の金融機関にも、負けずに頑張って欲しいと思います。
どういう形態になるのだろう?
ファンドの関係者が増えるほどコミュニケーション含めて管理コストが増える。またどういう資産クラスを想定しているのかが記事からは分からないが、PEのような非上場企業への投資であれば、記事にも少し言及があるように顧客は投資をしたら売れない・売る場合は長期間かかる、といった制限がある(上場企業への投資でも、オルタナの場合は投信などと解約プロセスは違い、一定の期間があるのが通常だと思う)。だから、個人が投資するといっても、そういうことを理解していて、かつ巨額の資金を有しているので投資額と管理コストで合理的なファミリーオフィスなどにならざるを得ない。
その観点で考えると、富裕層と言っても百億円以上とかを投資できるUHNW(Ultra High Net Worth、超富裕層)ではないと厳しいのではないかと思う。
ブラックストーンの創業者でありCEOのスティーブン・シュワルツマン氏は資金集めの天才だとも言われているので、「日本の富裕層からファンドの資金募集を始める」、と記事にありますが、かなり資金調達出来るのではないでしょうか。

そもそも私が卒業した、清華大学シュワルツマン大学院はシュワルツマン氏の自己資産と多方面から集めた寄付によって、生徒は返済不要の全額奨学金で修士号を取得することができます。直近でシュワルツマン氏のカリスマ性を見てきたからこそ、日本での投資事業の拡大に期待しています。
同じ日経新聞朝刊の「大手証券の投信手数料『残高連動』で試行錯誤」の記事と根っこは共通であり、従来型証券・資産運用事業のサービス付加価値や事業利潤がほぼ消失しつつあることが背景にあると考えています。
即ち、上場株式等を対象とするブローカレッジ役務や投資運用役務は、情報・金融技術の発展によってコストがほぼゼロになっており、その環境下で金融機関のサービス提供競争が激しくなるなか、サービス付加価値のコモディティ化と利潤消失が現実のものになっています。
弊社は、最後のフロンティアは顧客のライフプランや目標等に応じた継続的な伴走型サポート提供にあると考えていますが、一方、非公開資産を対象とするブローカレッジ役務や投資運用役務は「ここでしかない」付加価値が厚く残るため、アセットマネジメント事業領域にありつつも、サービスとして、ビジネスとして、今後も長期的に残ると思われます。
世界的な低金利を背景に投資家の旺盛な需要が見込まれることに加え、リテール金融機関が直面する上記のような状況もあり、本記事で紹介されているような米ブラックストーンのような非公開資産を基軸とする事業展開は今後も増えていくことを予想しています。
プライベートバンクが次々と撤退した日本。

金融庁がシティのプライベートバンクを追い出したのがきっかけでした。

今度は、投資で日本の富裕層を狙うという作戦できましたか。

今の日本の銀行は預金をしてほしくない状態なので、狙いとしてはいいと思います。
シンガポールのPBでは普通に100万ドルくらいからブラクストンやKKRなど大手PEファンドの商品を購入できて、うちのお客様にもご案内している。ただ、最近はここでもITテックやバイオのグロース投資のパフォーマンスが良くてそれ以外との格差が大きい #PEファンド
手数料ぼったくりヘッジファンドよりは良さそうな雰囲気ですが、情報が少ないので判断は保留。
まあ、いろいろなサービスが日本に入ってきて選択肢が増えるのは良いことですが、リテラシーの高さが求められる。
日本の富裕層…その定義を教えて欲しいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
日本ではPEへの個人投資はあまり積極的にやられてない印象なので、ここの市場掘り起こせたら大きそう。