新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経営陣が賛同していても、株主価値最大化に資さない(TOB価格が安すぎる)場合には、アクティビストなどから厳しい追及がされる時代。外部プレッシャーの強化により、価格の適正をしっかり説明することが求められるようになってきていますね。


>シティインデックスは21日発表した声明で、島忠の完全子会社化を目指すDCMホールディングス<3050.T>の株式公開買い付け(TOB)に対する島忠の意見表明報告書には、広く買い手を募って島忠の株主価値最大化を模索した記載がなく、「非常に疑問に思っていた」と指摘。島忠の取締役会および特別委員会で買い手候補を広く募り、その中からベストプライスを追求すべきとの考えを表明した。
村上さんは、高い価格に応募されると思います。本件、どちらかいいか分かりませんが、経営陣だけが反対して、会社の従業員や取引先にとっては良い敵対的買収は、成立すべきだと思います。
ニトリ vs DCMのTOB合戦に対して村上系ファンドの買い増し。今後のTOBは価格のアービトラージを見るのは難しくなりそうですね。。
村上さん、流石のアクションですね。脱帽です。
どういうアドバイスを村上さんがされるのか興味津々です。

島忠もニトリも愛用しましたが、島忠が30年来の高値は高過ぎだでは?と、びっくりして見ています。

追記
島忠が所有している土地がまだまだあるということなのですね。理解しました。以前に住んでいた埼玉県の私鉄旗艦駅の近くに島忠がありました。あそこはバブルの頃に高く売り抜けました。もしあのような土地をまだ持っていれば固定資産簿価には含み益があるということですが…
となると、島忠は良い花嫁ですね。
首都圏郊外にある島忠の店舗を安く買うだけかと。島忠の事業自体はいらない。店舗の従業員は欲しい。

単純にニトリの平米当たり営業利益を島忠の床面積で実現出来たら、島忠の利益は今の3倍ぐらいになる。もちろんそんな簡単な話じゃないけど、それでも今の株価なら買ってもお釣りは来るだろう。ニトリの須藤副社長は島忠出身なので中身はよく知っているだろう。
抜かりないなぁ。
株式会社島忠(しまちゅう、英称: SHIMACHU Co., Ltd.)は、埼玉県さいたま市に本社を置く、家具やインテリアなどのファニチャー関係の専門店と、日用品などを販売するホームセンターを運営する日本の大手小売企業である。東京証券取引所1部に上場している。証券コードは8184。2016年現在、店舗数は58店舗を数え、主に首都圏と一部関西に進出している。 ウィキペディア
時価総額
2,335 億円

業績