新着Pick
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
寿司やピザと同じく、配送コストを考えると値引きを行なってもむしろそちらの方が利益出るケースも多いので。またそれ以上に期間内の利用頻度を高めて固定化してもらいLTVを高めたい狙いもあります。
いわゆるClick & collectの仕組み。帰り際によってピックアップするとか、時間のコントロールをユーザー側ができるのが特徴。gigワーカーの配送キャパシティ、コストも気にしなくて良いので需要にあわせてスケールもしやすく、米国でも伸びているオンラインオーダーの受け渡し方法です。
アメリカでもUber EatsやDoorDashでピックアップサービス利用できますが、レストラン側は仲介手数料を取られるのを避けるため、電話予約を促すか、Square Onlineで専用の販売サイトを作るケースが目立ちます
ピザも宅配ではなくお店に取りに行くとかなりお得ですもんね。
時間指定もできますし、配達をお願いしたことがないです。。
デリバリーの時代が来るね。そこをしっかり寄り添う必要性を感じる。
私はよく散歩がてらテイクアウトにしますが、事前オーダーが電話だと意外に面倒です。
お店側も、慣れていないと2度確認を忘れます。
ですから、ウーバーイーツのプラットフォームを使えると楽ですね。
ただ、ウーバーイーツは、オーダー料金に10%のサービス料金が掛かりますが、これは通常通り掛かるのでしょうか?
Uber Eatsで外食業界のEC化プラットフォームを狙うということか?

EC化で悩んでいる店舗にとっては、ありがたいと思うのですが、さて、これで、どう収益をあげるのでしょう?

Instagramなども参入してきているので、レッドオーシャンですしね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません