新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビーガン国務副長官は、海洋の自由を守るため、クアッドが東南アジア諸国連合(ASEAN)との連携を深める可能性があると述べた。日米豪印という4か国の協力の枠組みを東南アジアに広げようという話。この発想は日本の発想と同じ。
中国はクアッドを厳しく批判しており「クアッド拡大構想」については、激しく非難をするだろう。しかし、中国は新型コロナウイルス発生以前から東シナ海、南シナ海で現状変更を意図した軍事的動きをしており、それが引き金になっている。中国はそれを知っているのに尖閣周辺での中国公船の動きをエスカレートさせているのは、この地域で明確な軍事的意図かあると見る必要がある。