新着Pick

仕事のできない人は事実が何かをわかってない

東洋経済オンライン
昔から不思議だったことがある。日本では選挙のたびに、「投票に行かなかった」と告白すると、職場でもコミュニティでも冷たい目で見られる。「何を言うんだ」と怒られることもある。とくに職場で特定政党に投票す…
1159Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファクトフルネスですね。一方で、組織の諸事情を無視して、闇雲に「事実に基づいた正論」を貫こうとすると、偉い人たちにスポイルされることになるので、「いつ、どの場面で、どう使うか」が問われます。
社会貢献意識と献血を比較しているあたり、なんかズレてる気がするなあ

単純に衣食満たされつつ未来展望が生まれつきないから、役に立っている実感くらいしか目指す所がないだけなんじゃないかと思います

私の観測によると、事実が何かをわかってない人は仕事ができないということです。

私が選挙に投票に行くと父に「お前はバカか」と罵られたものです。確かに私の世代の投票行動は非合理的なんですよね、、、。

修正
思い返してみると、事実が何かわかってない人でも仕事できてる人結構いましたわ
こういうのはロジハラと言われることなのかもしれない。

事実と感想は別なんだけど、事実としてどのファクトを持ってくるかというのはまた別の話。社会貢献と献血の関連がわからん。ボランティアの人数の変化を持ってくることもできたはずなので。

とはいえ、大学の講義で、企業はCSRでなくても、本業の事業も社会貢献なんだよ、という話はしている。学生の考える社会貢献はボランティアが認識のベースになっているので、お金稼ぐことは貢献にならないと思いこんでるところはある。
「事実」の定義が難しいでしょうね。何が「事実」なのでしょう?
メディアに書かれていることなどは、フィルターされた「解釈」です。

私は「一次情報」しか信用しません。「二次情報」は、介在者のフィルターがかかっているからです。

この記事で気になるのは「仕事のできない人」という切り口です。それは、ひとつの側面であり、適切な切り口ではないと思います。

多くの方がピックされていますが、記事としては、文脈が破綻していると感じました。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
仕事をする事で年功序列や社内政治で右肩上がりにお金を稼げた時代が終わり、
仕事の意味って何?って疑問の中に、「社会貢献」ってワードを教育や世の中の雰囲気の中で埋め込まれた世代が台頭しているだけ。
でも社会貢献はビジネスを回すための基本ルールであり、市場に与えた価値の対価がお金なので、社会貢献という意識は間違っていないと思う。

対価を受ける仕事において、社会貢献は最低限の意識、義務。
ボランティアは、対価を超えたモラルのレベル。ここの数はあまり変わってないのかもしれないですね。
事実と解釈を分けて考えられるスキルはとても重要だなと思います。

自分も仕事上データ分析をよくやりますが、データによる事実と、そこから考える解釈や考察は分けて考えてないと正しい意思決定が出来なくなってしまうので気をつけるようにしています。
私を含めて空気を食らって生きている人が増えているのかもしれません。
「地頭を鍛える」とかいいますが、そう簡単に変わりませんから。日々努力している人も書籍を読んだりして情報を増やしているだけかもしれません。情報を蓄積しすぎると情報の処理力が低下するということがあるだろうか?と最近感じ始めました。新しい仕事が始まったので異分野の知識を短期間で蓄えていった結果どうも状況判断等が鈍くなっている気がします。もともと「地頭」がいいタイプではないので場数や量で勝負するタイプだったのですが、押し寄せる年波でキャパオーバーになるのが早くなってきたような気がします。
という訳で、「事実」に辿り着く前のところで意思決定したり、すごくちぐはぐな仕事ぶりになっているような昨今反省して頑張ります。情報の取捨選択や一人で抱え込まないことも大事。とはいえリソースが・・・。
私なんてステレオタイプの塊みたいなところがあるので、とりあえずこの本を買って読むことにします。
視野を広げる、データを見るということは非常に大切だと思う。
事実に基づいて、適切な対応をするためには、SNSで閉じこもった世界の中だけで生活しようとしてたらあかんです。広い世界に飛び出る必要あり。
確かに、、、政治と歴史観とプロ野球に関しての発言はケンカのもとだね。
関連記事一覧
同じことをして「楽しめる人、楽しめない人」たった1つの思考の違い
Diamond Online
457Picks

「いい人が採れない」に効く2つのアプローチ
Diamond Online
119Picks

終身雇用終焉時代、日本企業で「生き残る人・生き残らない人」の特徴
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
26Picks

なぜ、あの人は仕事が舞い込んでくるのか?その特徴を考える。【フリーランス、副業、ビジネス、マーケティング】
山印社|定額制(サブスクリプション型)Webサイト・ホームページ制作サービス
21Picks

99%の人は“やりたいこと”を探してさまよっている。「好きなこと」を見つける2つの方法
新R25
18Picks

乳児放置死 母「生活費稼ぐために仕事」 死因特定できず
毎日新聞
9Picks

発達障害の僕が発見した「休みの日でもつい仕事のことを考えてしまう人」が陥りがちな思考パターン - 発達障害サバイバルガイド
Diamond Online
7Picks

求めるのは“狂気的なエネルギー”と“執着心”。ビジネス賢者に聞く「仕事ができる人/できない人」
新R25
6Picks

【オンライン開催/参加無料】大企業からスタートアップに転職して成長する人・しない人 #転職のリアル
Peatix
5Picks

まずは名バイプレーヤーたれ。カリスマ経営者の影に「畳み人」あり
Forbes JAPAN
4Picks