新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
元のレポートには書いてあるんでしょうけど、数値公開だけでなくなぜ各社によって違いが出ているかを記事に書いてほしいですね…。

電気通信事業者協会の発表によると、2020年6月時点の携帯電話契約数ベースでドコモ:43.9%、KDDI:32.3%、Softbank:23.8%ですので、単純に見るとドコモは投資対効果が悪いように見えなくもないです(あくまで売上でなく契約数ですが)

しかし、既存環境維持のための機器投資と5G(さらには6Gも)のネットワーク整備のための未来に向けた機器投資のどちらに投資しているか次第で全然読み解き方が変わると思うので、そこらへんちゃんと触れてほしいなぁ。

楽天が安いのも、まだ事業スタートしたばかりで拡大の余地ありという状況なのか、最初からクラウド前提で組んでいるから機器への投資は少なくて済むのか、とかそういうところが知りたい。
レポートによると
NTTグループが1兆1,663億円、KDDIグループは6,151億円、ソフトバンクグループが3,697億円、楽天グループは1,871億円、電力系キャリア合計が968億円
という内訳。3大キャリアにくらべ、楽天の設備投資額の小ささは目立つ。

主要キャリアのネットワーク投資戦略と通信インフラ市場 2020年版(株式会社MCA)
https://www.mca.co.jp/itforecastreport/it-network-2020/
日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
12.3 兆円

業績