新着Pick
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そんな「伸びしろなし」と判断される就活生とかも、別の企業に就職して結構活躍したりするケースもあります。
そんな限られた就職活動で伸びしろがあるとかないとか完全に判断できないと思います。
だから、優秀な人材が特定の企業の集中しないんだと思います。
弁別性の高い人は、合理的に判断される。

やりたいことが明確で、ときには合理的思考を超える。企業にとって、わかりやすいだけではなく、ワクワクさせてくれる人が、興味深くて面白いですね。

常に合理的な思考や行動が優先する、弁別性が高い人は、小さくまとまってしまうことが多く、将来像が想像できる。

それよりも、やりたいことがあって、どう成長するか想像できない。そんな人が、期待を超える成長を遂げることもある。

よく訓練され合理的に動く飛行戦隊は、先を読まれて、全機撃ち落とされる。一方、訓練では出来の悪い戦隊が、全機が無事に帰還。

独自の判断で柔軟に動く飛行戦隊は、先が読めなくて、撃ち落とされない。こんな話にも通じますね。

自分の個性を活かすための素直さ、ぜひ持ち続けて、面白く生きたいものです。
就活の志望動機には、ホンネとタテマエがあります。

ホンネは記事に書かれているようなものであっても、タテマエは「熱い志望動機」を語らなければなりません。

弁別性の高い就活生であれば、そのくらいは理解できるのでは(笑)
一見非合理的と思われる事でも中長期で見たときには合理的であったりもします。時間軸によって捉え方は異なると思います。

記事で言及されている「素直さ」は、謙虚さとも言い換えられると思いますが、学生のみならず、経験値を積んだビジネスパーソンでも大切にしたい姿勢。
なんか損得勘定の理解が浅すぎるのでは?目の前の餌に食いつくのは損得勘定じゃない、ただの反射。損得勘定は無駄も理不尽も遠回りもふまえた上で行動を決められることですよ。「損して得とれ」とか「情けは人の為ならず」も原理は損得です。そして、人間を動かすのはその損得であり、大抵の人の場合それが損得勘定ではなく損得感情になってしまっているのですよ。
合理性は前提ですが、例えば尊敬する人から自分の名前を読んでもらえただけで嬉しくなることがあります。

「士は己を知る者のために死ぬ」ともいいます。喜怒哀楽といった感情が伴うからこそ仕事は面白いですよね。

合理性だけが求められるのなら、AIやロボットにすべてやって貰えばいいと思います。
いつも先輩方にご指導いただく中に、仕事とは「答えはなく、自分で見つけていく」持続、周囲と伴走していくものなのだという自分なりの哲学を見つけています。

すぐに答えが出ないのはもちろん不安ですが、やり続けていく中にワクワクすることがどんどん出てくる。
そして創っていくことができることに喜びや嬉しみを覚えます。
弁別性という言葉を知ることができた。
毎回面白い宇宙兄弟のリーダー論。今日も面白かった