新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
南シナ海ということも大事ですが、中国が独自に深海油田開発ができるようなった事の意味は、米国の経済制裁のカードを減らしたことにあると思います。

米国が気に入らない国に対し、石油技術の提供を行う企業に制裁を課すのは常套手段です。ロシアのシェールオイル開発や、ロシア-ドイツのガスパイプライン計画もこれで頓挫しました。そもそもソ連崩壊もこのやり方で起こしたとも言える程です。

それだけ石油掘削技術のコアなところは欧米系石油エンジニアリング会社が独占して来たわけですが、その牙城が徐々に崩壊して来たとも言えます。

今後は、南シナ海だけでなく、西アフリカ沖や、ブラジル沖の深海油田開発なんかにも単独で進出し、その護衛も兼ねて港を整備し、戦艦を派遣、、、なんてシナリオも見えて来ますね。

業績