新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
宇宙空間において、低燃費であるということはとても重要(地球でも重要だが)。
低地球軌道への打上げコストが1kgあたり200~500万円との認識(ただしこれは相乗り方式、ピギーバック方式と呼ばれる、自分では軌道を選べない制約付きの場合の価格。自分で軌道を選ぶ場合はもっと高い。)なので、それよりもっと遠くへいく探査機の打上げ費用はもっと高いはず。そして、エンジンの燃料は重い。少ない燃料でより長い距離を航行できるエンジンは魅力的だ。このIHIのエンジンは競合他社と比較してどれくらい燃費が良いのか気になる。
MMXは火星の衛星であるフォボスに行くサンプルリターンミッションなので、火星探査とはちょっと違うんだが…。日経の宇宙関係の記事、やはり違和感が…。
これ特注品なのかな?アメリカだと民需に加えたぶん軍事衛星の需要があるので探査機に積むエンジンも既にあるモデルから選ぶケースがほとんどです。やはり裾野の広さは重要。
IHIってJAXAのような政府系の研究組織か?と思ったら、旧名が「石川島播磨重工業」だった。頭文字ね、なるほど。
宇宙エレベーターもそうですが、夢のあるプロジェクトも進めてほしいですね、そして若者が携われるように
IHIが火星探査機用の低燃費エンジンを開発、2023年度をメドに納入するそうです。
株式会社IHI(アイ・エイチ・アイ、英:IHI Corporation)は、東京都江東区豊洲に本社を置く、重工業を主体とする日本の製造会社。三菱重工業(MHI)・川崎重工業(KHI)と共に三大重工業の一角を成している。 ウィキペディア
時価総額
2,538 億円

業績