新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
貸し出す際にコロナの要因かどうかを見極めればモラルハザードにはならないと思いますが、それが出来るかどうかは外部要因の分析という意味ではコロナに限らずこれまでも金融機関がやってきた事と違いはないと思います。
良い企業を潰してしまう事の方が問題で、ワクチンによる事実上の収束は一つの基準になると思いますのでそれまではセイフティネットとして支援を続けて欲しいです。
日本の開業率、廃業率が3%程度にとどまり、10%程度が当たり前の高成長の国々に遠く及ばないのは良く知られるところです。原因はいろいろありそうですが、日銀が強力に進めた実質金利の低下が収益を上げられない企業を生き残らせてきたことは間違いなさそうに思います。しかし、企業を守って解雇させないことを政府も国民も是とする空気の中で、日銀自身が企業と産業の新陳代謝、ひいては我が国のイノベーションを阻害していることを認めることは、たぶん、未来永劫ないでしょう。
通常の手法で間接的に経済を活性化させる手段に行き詰った日銀が、コロナ禍の中で存在感を示せるのは企業の直接的支援といった中央銀行として型破りな方法くらい。『退出すべき企業が長く生き延びて経済全体にマイナスになるという「ゾンビ企業論」が「今の時点で議論になり、深刻になるとは思っていない」と懸念を否定』とありますが、決して認める訳にはいかないだろうと納得です (^^;
明らかに誤解。
そもそも特別オペとゾンビ企業を結びつけることに無理がある。

オペの対象は金融機関で、与信判断を行うのは当該金融機関であるため、オペ自体にゾンビ企業の温床となる要素はない。
事業基盤の弱い企業に対してコロナに伴う赤字運転資金の補填をすれば、その回収が容易ではないことはあたりまえで、コロナ対応オペの出口論は漸進的推進以外に答えはないでしょう。
 問うべきはここでいうゾンビ企業の温存うんぬんよりも、元気な企業がどれだけ財務的に制約を受けずに産業の新陳代謝を進めることができるのか。資本市場や銀行の資金提供力が問われますが、昨今はさまざまな資金の出手がさまざまなルートで資金を供給できるため私は楽観的です。
もともとゾンビだったのではなく、需要消滅でゾンビになってしまった企業も多数。たとえゾンビでも活躍の場が得られるような経済環境を作り出すことが重要だと思います。
「ゾンビ企業」論は、勇ましいが、日々資金繰りに苦闘する企業を目の前にすると、好きではない。

市場の規律は、優等生的な「優勝劣敗」ではない。それほど市場は有能ではないことは、教科書ではなく現実を見ると分かる。

コロナ禍をなんとかくぐり抜けようとしている企業を目の前にして、「貴方はゾンビだ」と宣告できますか?

「必要以上に支援を長引かせれば」などと言うのは、あまりに傲慢だ。
長銀とかが破綻した本邦金融危機時の、金融安定化保証よりは、余程マシなんだろうとは思う。
(モラルハザード、ゾンビ企業の延命的観点からは)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B0%8F%E4%BC%81%E6%A5%AD%E9%87%91%E8%9E%8D%E5%AE%89%E5%AE%9A%E5%8C%96%E7%89%B9%E5%88%A5%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E5%88%B6%E5%BA%A6
典型的な「ああ言えば、こう言う」記事。アクションには何かしらのリアクションがあって当たり前。こういう記事を書く人達はアクションを取らなければアクションを取らないことを批判し、アクションを取ればそのリアクションを批判する。自分が頭いいフリが出来る記事が書ければ、別にどうでもいいんですよ。
貸すも親切、貸さぬも親切。ただ、その見極めは難しい