新着Pick
449Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『2度の消費増税は評価されるべき』のところで椅子から転げ落ちそうになりました。色々意見があっていいと思いますが、個人的には全く賛同できない記事でした。

・この手の記事によくある、第二の矢『財政出動』の不足には触れられてないのはフェアじゃないです。国債が不足しているため、日銀の買入れ枠も余りまくってるのに。

・財政赤字を家計の赤字のように説明して、危機感を煽るのもよくあるパターン。

・デンマークなどの北欧と日本を比較してDXの進展が違う、的な理屈ですが、例えばデンマークのGDPは3,500億ドルに対して、日本のGDPは4.9兆ドル。規模が違いすぎて比較が難しい。むしろ、デンマークの規模で10%落ちる方がキツくないですか?

・賃金が下がった的の批判もよくあるパターン。確かに非正規雇用が増えている点は改善の余地がありますが、そもそもアベノミクスの最大の功績は雇用を劇的に増やしたことでしょう。これまで働いていなかった人が仕事を得れば、普通は低い給料から始まるから、そりゃ加重平均の賃金は下がるでしょうに。

・久しぶりにPB黒字の話を目にしました。世界でPB黒字化を言っているのは日本の財務省だけですよね?世界標準はPB黒字化ではなく、『債務対GDP比を引き下げ』です。著者の加藤さんもご存知のはず。

書こうと思えばまだまだ書けそうですが、一旦この辺で。
識者はアベノミクスをどう評価するのか。本日から3日にわたって特集をお届けします。

初日は東短リサーチの加藤出さんによる、アベノミクス評です。異次元緩和という強烈な「痛み止め」はよく効きましたが、それは根本的な治療法ではなく、その間に構造改革を進める必要がありました。しかし、やり切れなかった。それはなぜか。具体的にはどんな構造改革が必要だったのか。加藤さんが解説します。

「わかっちゃいるけどできなかったDX」の話は、紙メディアで働いていた自分としては痛いほど良くわかりました。DXの推進は政治だけの問題ではなく、企業や個人が「自分ごと」として向き合わなければならない問題なのだと改めて感じました。
私の寄稿も明日か明後日公表かと思いますが、意見がかなり異なりますので、執筆した甲斐がありました。
加藤出さんの分析、いつもすごく勉強になります。

先週、エール大学の浜田宏一先生へのインタビュー記事も公開しています↓↓ 比較すると面白い。

【NewsPicksオリジナル】アベノミクスのブレーン、浜田宏一がいま語ること
https://newspicks.com/news/5187827

あしたかあさってに、永濱利廣さんの寄稿も配信予定です。多角的にこの7年8カ月をとらえたい。
短期的には良かったですが、長い目で見た時にバブルの目を作ったと言われてもおかしくない。
ただし、ゾンビ企業の延命、財政健全化や消費増税を今言うと袋叩きに合います。この風潮はとても危ないし、怖い。
菅官房長官は小泉政権時の中核として郵政民営化など行政改革に携わっているので、ぜひ構造改革にも道筋をつけてほしい
財政の専門家でも無い人達による偏ったコメントが独占する状況に、多くのユーザーは辟易しないのでしょうか。国債残高が幾ら増えても問題無い、と思っている人には、自身のポートフォリオの大半も日本国債で占めて欲しいですね。

国債は確実に消化される(確実なリターンを期待出来る)と思っているのであれば、少なくとも現預金の比率は限りなくゼロにして、全て日本国債に注ぎ込むのが合理的な行動かと思います。
ここに書かれていることにまったく同感。ただ、「痛み止め」というより「シャブ」なんじゃないかとアベノミクスが始まったころにエコノミストの会合で話をしていました。シャブを打って、むりやり体が動いている間に構造改革して、経済が回るようになればいいけれど、そもそも構造改革できるのか、そして、シャブをやめれるのか、と。

この記事でも指摘するように、2回の消費増税を批判する人は多いですが、1回の増税でも政権が崩壊しかねない増税を2回実施できたのは、長期安定政権だからこそだと感じます。
タイトルとは裏腹にDXの話なんて取ってつけたように真ん中部分に挟んであるだけですが、その他の部分は安部政権の成績と今後の方向性を占う示唆に富みます。一読を。
消費税率の引き上げは賛否が割れますね。しかし、手段と目的を混同してはいけません。消費税率引き上げの目的は、財政赤字の削減だったはずです。ところが、近年は消費税率を引き上げても、財政赤字はあまり減らなかった所に構造問題があると思います。一部の政治家は、税を取っても、取っただけ使われて出ていくので、増税無意味論を主張しています。
改めて見ると、実質平均年間賃金のグラフが衝撃的です。