新着Pick
366Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビデオ会議ツール、相手に合わせて6種類位使っているけれど、圧倒的にzoomが使いやすい。多人数でも落ちない。フリーズしない。反応が早い。感覚的に操作ができる。余計な機能がなく、ほしい機能は全てある。要はとことんユーザ側に立って作り込んでいるということ。
数々のオプションがあるなか勝ち上がって、ビデオ会議の代名詞となった感があるzoom。なぜ他のオプションではなくzoomだったのかが気になります。
個人的には無料バージョンでも制限時間のないHangoutやスカイプの方がtoCの市民権を得て普及し、細かな設定ができるzoomはtoBで伸びるような気がしてましたが、結果的にtoBもtoCもzoom支持者が多いなと感じるので、なぜ勝ち上がれたのか気になりました。
好調な決算を受けて時間外で株価は23%以上あげて、時価総額も1,000億ドルを突破。AntやShopifyといい、新興プレイヤーでもグローバルでスケールしたDX銘柄は時価総額が10兆円を超えてくるのが当たり前となってきている #米株
3-4種類使ったが、なんだかんだ、ZOOMがいい。あとは、固まったりする、それで、回線を気にして、顔を消したりするのは、ナンセンス。
Zoomとんでもない好決算。20年5~7月期の売上高が前年同期比4.6倍の6億6352万ドル(約700億円)純利益は34倍の1億8574万ドル。凄いな〜w
オフィスに人が戻ってきてはいるものの、会議参加者の誰かがオンライン参加であればオンラインの会議になります。ハウリングなどの影響で、オフィスにいるのに別々でZoomに入ることもしばしば。なんだか今後の会議はほぼ全て画面越しで行われそうな感じですね。
色々使ってみて明らかにzoomが使いやすい。重くならない、途切れない、など明らかにアプリの性能が高いと感じるが、通信量そのものはGoogleMeetなどと比較してもあまり変わらない。
ということは最適化までのスピードが早いか、映像の動きを見て制御しているか。オンライン会議の場合ほぼ画面上で動かないので、対象物以外の背景処理でムダなことをしない、などは結構大きく影響するかもしれない。
皆さん仰るように、なんだかんだで使いやすい、というのがZOOM一人勝ちの要因でしょう。私も何種類かビデオ会議ツールを使っていますが、招待時に操作についての説明が必要ないのはZOOMだけです。アイコンが分かりやすいのと、日本語の説明が比較的きちんとしているという点も大きいです。
オフィスに出社が戻ったとしてもオンラインミーティングの人は多いのではないでしょうか。
ましてやまだまだリモートの企業も多い。

そしてまだまだオンラインツールが出てくる中で、zoomの課金対象も秀逸なのだと思います。
TeamsとSlackではTeamsが後から捲った。Zoomはどうなるか?個人的には「インフラでないこと」が功を奏しているように思う。

Slackは滞在時間がなく、特に様々な連携などインテグレーションされていくと利便性が上がり離れられなくなる。スタートアップではそれを早期からやってインフラとなった。
一方、大企業だと従前からのインフラがあったから移行しにくいところに、コミュニケーションツールとしてもメールがメイン。ただ流石にLINEやメッセ含めてBtoCのコミュニケーションがメールからメッセンジャーにシフトし、BtoBの行動習慣も変化が出つつある(BtoBはBtoCから数年~10年遅れることが常)。Officeなどとの連携含めてTeamsがコミュニケーションツールとして楽だったり、営業面の強さ、MSというブランドへの安心感があった。でも多機能だし、インフラにSlackほどではなくても入る。そして時間をかけてもっと入っていくかもしれない。

Zoomはビデオ単機能を極めている。様々な制約条件考えずに「ビデオ会議増えた、ビデオのUXとして一番いいものを使いたい」というニーズにシンプルに応えている。だから導入の際の検討事項やハードルも少ないのではないか。
一方で抜けやすいとも言える。だからこれからインフラに入っていったり、よりビデオ会議の利便性を訴えていったり、TeamsなどのUXの追い上げに負けないように習慣化を作りながら走り続けることの重要性が一層増す。