新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アベノミクスの代名詞は金融政策のレジームチェンジですから、継続かどうかは、来春に任期を迎える桜井日銀審議委員の後任にどんな方を指名するかが一つのリトマス試験紙となるでしょう。
石破さんはどうしても安倍首相のライバルのイメージがあり、路線を踏襲しない懸念が出てくると、市場は嫌がるのではないかと思います。ただ、石破さんが反アベノミクスを唱えて、財政や金融引き締めを出来るのかというと、いまそれは無理だろうと。そうすると仮に石破さんになっても、経済についてはこれまでの路線を踏襲する以外はないと思います。そういう意味では、どっちになっても市場に大きな影響はないと思いますね。マネックス広木さん解説
アベノミクスが終焉するか継続するかというよりは、与党はアベノミクスとは何かを当初に立ち返って経済政策論として確認すべきだと思います。
漫然と継続意思を示したとしても、目的が達せられないようであれば意味がありません。
メディアは、いい加減アベノミクスに懲りて、政治のトップが変われば経済政策の変更によって景気が左右されるかのような思い込みから抜け出せないものなのか?

株が日経平均で数百円下がっても大した大きさではなく一時的だろう。
株式会社フレンドリー(Friendly Corporation)は、大阪府大東市に本社を置き、ファミリーレストランを中心とするチェーン店を運営する企業。東京証券取引所第2部上場企業。2007年(平成19年)10月1日をもってサトレストランシステムズを存続会社として、同社と吸収合併する予定であることが2007年(平成19年)1月12日に発表されたが、同年3月30日に合併が撤回された。 ウィキペディア
時価総額
17.5 億円

業績

マネックス証券株式会社(マネックスしょうけん、英文名:Monex, Inc.)は、マネックスグループ株式会社(金融持株会社)の完全子会社で、証券業を営む株式会社である。 ウィキペディア

業績