新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
TOB(株式公開買い付け)期限が明日8月24日(月)に迫ったファミマの株価は22日終値が2,258円。伊藤忠のTOB価格を下回ってます。Yahooファイナンスのファミマの掲示板が盛り上がってますよ。新能年玲奈の解説が秀逸!

8月5日の鉢村剛CFOのファミマのTOB価格について2300円に引き下げの考えなく「賛同を得られなければTOBを断念する」は強い決意の現れで、岡藤さんの意思だと直感した。ほぼEBITDAの6倍という買収価格は適正だと思う。ただ、子会社にした後の戦略が私には見えない。JAとの提携もピンとこない。普段使っているユーザーからするとセブンは商品力が群を抜いており、ネットプリントもあるし、冷凍食品や調理材料、おつまみやスナック、スイーツなどもユニークなものが多い。
 何よりロケーションが良く、家からも会社から近い。そしてATM、信用組合の手数料が0円、新生銀行の口座を持ってるので、ATMのためにセブン銀行はよく使う。キャスレスも結局スイカPASMOとナナコしか使わなくなった。QRは面倒くさいし、ナナコはタクシーで使えるところあるのでこの2枚で十分。ローソンにはナチュラルローソンがあるのでここの商品が好きで時に使う時もある。
 ファミマは商品で買いたいものがないし、ATMがダメでロケーションも悪い。だから同じ土俵はもう無理。JAと提携してカット野菜が買えるとか、ネット通販の試着室を作るとか、いろんなトライをするのかもしれないが、いろんな会社の保険商品が買える「保険の窓口」のように、あらゆる投信が変える店とか、コンビニから逸脱し、今の食品コンビニからどう変革させていくのか、が見もの。業態横断の第8カンパニーに入れた狙いもそこにあるの。
 食品コンビニ、ネット通販の拠点にとどまらない「消費者が必要とする商品・サービスの総合的なワンストップ・コンビニ」、「ネットのポータルサイトのようなコンビニ」とか、そういう飛び抜けたことをやらないと成長が見えない。多分いろいろなトライ&エラーをやってくるのではないか。
 中国の展開、CITICとのコラボは所詮金融会社だからイメージがわかない。
 ドラッグストアとのM &Aとか、Amazon以外のYahooや楽天、LINEとの提携とか、あっと驚く秘策を矢継ぎ早に出してほしい。
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.27 兆円

業績

ファミリーマート(FamilyMart)は、日本発祥のコンビニエンスストア (CVS)である。公式略称は「ファミマ」。ここでは店舗ブランドとしてのファミリーマートに関する記述に特化し、法人そのものについてはファミリーマート (企業)で記述する。 ウィキペディア

業績

株式会社ドンキホーテホールディングス(英語: Don Quijote Holdings Co., Ltd.)は、主に総合ディスカウントストア等を展開する日本の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.26 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン