新着Pick
59Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オシムジャパンの申し子とも呼ばれた鈴木選手
引退直後の事業のプレゼンはどことなくぎこちなかったのですが、今ではビジネスマン顔負けの営業トークをTVでみた事もあります
サッカー選手のセカンドキャリアだけでなく、多くのビジネスマンにも通づる箴言です

>> サッカー選手になると言った時、最初は母親に反対されましたし、学校の先生もしかりでした。反対の声があっても、やると決めたらやる。自分の選んだ道をYESにする。振り返って、サッカー選手を目指した時も、事業を始めた時も、本質は同じだと思いました
《自分の選んだ道をYESにする。振り返って、サッカー選手を目指した時も、事業を始めた時も、本質は同じだと思いました》

引退後のセカンドキャリアを語る鈴木啓太さん。ライターの小野ヒデコさんが取材しました。
結果を出す人というのは、自分の信念を持ちながら、それを貫く行動力がある人であることが多いと思いますが、啓太さんは正にそれを体現しているように感じました。
啓太さんのビジネスは腸内環境という新境地開拓でありながら、幼少期からの歩みと、日本代表を永く務めたフットボーラーとしての経歴・信頼がちゃんとストーリーになっているのが稀有なところ。

学術的エビデンスとファッション性もあるし、より大きく伸びると予想しています。
サッカー選手のセカンドキャリアも気になりますね。
引退後の方が長いでしょうから。
鈴木選手はいつでもかっこいいですね。
決断するのは自分文句を言わず目の前のすべき事に集中、注力する姿勢に感銘を受ける。