新着Pick
192Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SuicaやPASMOのように一つのカードで複数の鉄道会社の路線を行き来できたり、一枚の定期券として管理できることは、ほとんどの鉄道利用者にとってのニーズだった。と同時に鉄道のシステムを横串で管理するなんてのは感覚的に非現実的な取り組みだったように感じる。

そういう意味でSuicaやPASMOは、シンプルかつ超画期的なプロダクトだったと今改めて振り返っても感じる。

しかしながら、それ以降の交通系電子マネーは大きな可能性を感じさせながらも、移動以外で消費者の生活に深く入り込むことができていないように感じる。

本記事に記載のあるサービス案も記事化のために分かりやすい事例を取り上げているのだろうと思うが、なかなかアプリの普及に繋げるには難しいように感じる。

現状、鉄道会社ごとにアプリを分けて開発しているが、少なくとも移動サービスという面に関しては、鉄道会社を中心に航空会社やバス会社、タクシー会社などを統合したアプリの実現にチャレンジしてほしいと思う。
メトロ・JR・私鉄が乗り入れる稠密なネットワークを構成し、乗降客が多い駅の世界上位を独占する(新宿、渋谷、池袋・・)。この10年ほどでサービス水準が劇的に向上したタクシー。バスも豊か。東京は世界にないモビリティ都市です。ここにシェアサイクル、船などを加えたMaaSをぜひ構築してほしい。
東京は、交通インフラも、他のインフラも過度なくらい整備されているので、現状はバラバラとなっている、それらのリソースを上手に組み合わせるだけでも、良質なサービスが構築できますよね。

ただ、問題は「東京だからできる」というモデルなので、他にスケールできないことです。他にスケールできないと、ビジネス的には厳しいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ここまでできるとMaaSの意味がある。

ただ、地方では選択肢が少ないから、ここまできめ細かくは難しいのだろうな、現状。
マルチモーダル、エレベータールートは NAVITIMEのエンジンなら上手に対応してそうで、東京メトロに限らず JapanTaxiに限らず 横串を徹底させ、とことんフリーな制約で最適化を見てみたい。

マイカーを活用するので、駐車場の空きと連携してほしいです。

業績