新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
双方からの相互作用。一方通行ではなく双方のコミュニケーションをどの企業規模でもできるようにしていきたい!
人気 Picker
「オライリー先生がアメリカのビジネススクールで教えていること、カルチャーは「Patterns of Behavior」だということです。」

文化や風土ではなくこのようにとらえ直すこと、"変えることができるもの"ととらえ直すことから始まると強く感じます。

ただ、人も組織も過去の経験に基づいて行動を選択する面があるので、時間軸を未来にずらして行動を選択するため(それに慣れるため)には、ある程度、意識して行動を変え続けて習慣化すること(行動変化を誘導するような制度変更、仕組みの構築)が必要だと感じます。

自分たちが得意な行動を客観的に理解してうまく利用すること、自分たちがやったことのない行動も怖れずやってみること。

事業、局面に応じて、そういったことがスムーズにできる組織が強い組織なのだと思います。