新着Pick
339Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「転職において「学歴」や「資格」はほとんど関係がない。」は同感。 それらがあるからと言って、実際の仕事に活用されていなければ意味がない。 
学歴や資格で勝負しようと思っている人は あまりいないと思うが、、、
逆説的なことを書きますが、私が見てきた範囲では「高く売れる人材」は、「高く売れる人材になろう」とは思っていないし、そういった努力はしていません。

「結果として高くうれる人材になった」という方が多いです、これは、スタートアップや起業と同じで「それを目的にしてしまうと、うまくいかない」ということだと考えています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
資格やMBAなどになんらかの希望を見出すのは、世の中学歴社会と言われていて、「自分は学歴で損をしているのではないか」という思いの裏返しなのではないか、と思ったりする。

むしろ、本業の仕事以外でのがんばりで資格を取得したとしても、それほど認めてくれないのだけど、本業の仕事でなんとか成果を出すことの方が、評価はされやすい。ただ、仕事の結果というのものを成果として認められてないことも少なからずあるのは確かで、ご本人には「そこそこ」でも周りからみると、「それ、すごいっすよ」というのもあるのは確か。人間良くも悪くも周りの環境に染まっていて、現在の自己評価(たいがい社内評価とリンクしている)と市場の評価が乖離していることも少なくない。これは、逆も然りで、社内評価高くて自己評価高くても、市場評価低いこともあるんだけど。

仕事で成果出せてないよ、という風でも、仕事のプロセス、進め方、考え方が真っ当であれば、それを繰り返していけばいい結果出せそう、と評価してくれる人もいるので(人材紹介をしていたころはそういった方を見出すのが喜びではありました)、自分なりの仕事のしかたの特徴(特徴には長所も短所もある)を自覚しておくことが大事かと思う。

私が持っている学歴・資格で言えば、ワセダ卒なんて年間1万人以上生まれるわけで、まったくの希少価値がない。資格なら、国家資格キャリアコンサルタントあるけど、これが生きる場面というのほとんどない。キャリアカウンセラーポジションで有資格者を求める場面くらいではないか。

資格は、弁護士会計士税理士といった士業や医師看護師など、業務独占資格でなければ価値の実感は得られないのではないか。民間資格なら、業務経歴とセットでメリットが生じるかと思う。