新着Pick
107Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
導入資金と若いヒトさえあれば、nominal 形状の記述自体は3Dでもすぐできるようになるかと、最近のソフトウェアはよくできてるので でもまだ交差がねぇ

やった事おありになる方はお解りだと思うんですが、3Dで交差入れ始めると (入れられるようにはなって来てるようです)、設計者の幾何交差の習熟度が露呈しちゃうんですよねぇ あと、幾何交差と寸法交差の標準 (少なくともASME 標準では)は、根本的に矛盾を含んでいるので、やりにくいことがあります 2D図面では、その辺り「適当」にやっても現場の慣習的解釈で行けてたところが、3Dでは「ごまかせる」範囲が極端に減りますねぇ なのでIT部署やトップに急に言われても、設計者もそれを読む製造者も正直困ってしまう、という部分がある気がしますねぇ

ニホンの事情は解りかねますが、メリケン大学では交差を教えられる先生が絶滅危惧になっています(研究者は世界的にほぼ絶滅) ので、交差設計がちゃんと出来る技術者が少ないんですねぇ(なのでデキル製造のオジサン任せになるんです) また、交差研究者の絶滅は、CAD屋さんでの、この部分の開発が遅れている原因の一つだとワタシは思っていますよ (つまり交差の機能を理解し、実装するコードをかける、その分野のPhDが非常に少ない)

中国で3Dが急速に広まったのは、2D文化なかったからだ、というのがよく言われてますが、作る時にそもそも交差なんか気にしてなかった、という点は実はあるとおもいますねぇ 今は変わってきたのでしょうけど

ダイナミックもDXも大事なんですけど、こういう根幹のハナシは書いてあるんですかねぇ、この↓レポート あ、メリケンはどうなの、って普通やるみたいに調査しても何も出てきませんよ、絶滅寸前なので ( ワタシも専門ではありません)

ナマイキイッテスミマセン

「「2020年版ものづくり白書」(経済産業省)では、「ダイナミック・ケイパビリティ(企業変革力)」という言葉が広く取り上げられている」
3Dのデジタルツインで鍵は、圧縮技術、ここで日本初で、デファクトスタンダードが、ラティステクノロジー。
製造業のDXの本質は、設計情報の流れを“創る”こと、すなわち、3Dデジタルツインの流通にある。迅速にデータを共有し、関連するプロセスを並列化することで、フロントローディングが実現するのだ。
→出社せずに、遠隔で製造業もできるようになるのは、革新。なんなら、海外でもできるようになればさらにコストも下げられたり、価値をあげる取り組みができそう。
コンカレント設計&確認調整、各種確認、準備、量産、モデルチェンジと、長い開発工程に人生を没頭させてクルマを作ります。それはあたかも、己の拘りと責任で色付けた 組織や人間軸の 数多な開発ストリングスが束になってクルマが出来ているかの様です。

ITの製品開発にも同様に 数多の成果物ストリングスが有りますが、ITの場合は 保守品質を高める為の面白い工程=リファクタリングが習慣になっていて、モジュールの命名だけでなく、先進的なアーキテクチャに倣う様にバージョン管理しながら ガンガン作り替えます。作り替えても 自動単体テストで品質保てる仕掛けも用意します。

ここで ハードな製品開発にも「リファクタリング」工程(命名規則や構造化ルールを合わせるだけでなく、全部署横断で最適化)を設けたらどうなるでしょうか。ITの様に保守品質UPが狙えそうでしょうか。恐らく保守品質だけでなく、各種 標準化のメリットが働き Industry4で狙う 製品開発・調達プロセスへの経路が照らされると思います。

最初に書いたストリングス、これは 言わば担当のモチベーションの糸なので、勝手にリファクタリングなんかで糸を切ったり束ねたりすると、責任とモチベーション崩壊させてしまう!終了、以上。。これで幸せかを考える時期なのかと邪推してしまいます。

記事ではトヨタ自動車の「現地現物の定義 革新」に言及しています。どの様な仕方で 形になるのかは 大変興味深いです。

摺り合わせ型開発に メスが入るのでしょうか。設計や生産技術のノウハウ投入は、大部屋での議論でなく、 GitHubの様なオープン開発のプラクティスに変革させ、Issueやプルリクエストでの議論とジョブで 世界中の仲間の力を集約するのでしょうか。アジャイルなプロセスでソフトウェアファースト習慣をハードの領域まで覆いかぶさるのでしょうか。

現地現物の定義は 習慣の定義。どんな風に革新するか、させるか、どこまで当事者になれるか、努力が求められそうです。
2020年版ものづくり白書には、“3D設計が進んでいない”ことを指摘する記述がいくつか見られます。日本では、3Dデータを活用した設計検証、組立工程検証、あるいは3D図面の普及も進んでいません。 

白書の中では、ダイナミック・ケイパビリティと共に、変化の激しい時代には「デジタル」化が重要な対策になることも記されています。

また、3D設計が増えても、図面の受け渡しなどは2Dで行われていることも課題として指摘されているのです。