新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ん~
パソコンメーカーの販促をしたいわけじゃないけど、動作が重くなっているような型古を使っているとセキュリティ対策はより困難になります
ハードウェア上の問題や、メーカーのサポートから外れている場合など様々な、機種依存の攻撃が刺さってしまうこともあるでしょう
また、ハードウェアアクセラレートな新たな脅威に対抗するためのセキュリティ機能も使えないため、高度な攻撃には耐えられないでしょうね
古いPCを使い続けるというのはそれだけリスクだということです
以下、私のここ最近の実体験より。
・Windowsアップデートを溜め込んでいると重くなります。定期的に更新しましょう。
・Windows10でメモリ4GBで頑張っていましたが、おそすぎて死にそうでした。メモリを増設したら爆速PCに大変身を遂げました。

メモリ増設はSSD換装などに比べて、難しくありません。詳しくは「お使いのPC名 メモリ増設」でググると、先人の知恵が借りられる可能性が高いです。
メモリも安いですしね。私のPCの場合、元々搭載されていた4GBのメモリに8GBを購入して12GBにしましたが、かかった費用は3800円です。
定期的に出てくるパソコン高速化手法。

バックグラウンド処理で重いのは止めたいが、会社管理PCではそれらは止められないケースが多い。アンチマルウェア、資産管理ツール、Office 365連携や同期処理。

時折廃止されたドメインコントローラーを探して遅いケースがあるので、ソコ削除するといい事もあります。
リモートワークの場合には、シンクライアント的な使い方をされる方が大半ではないでしょうか?

そうであれば、手元の端末側の性能は、ほぼ関係ないので、これだけ面倒な設定をしても、結果は大差ないような気がします。

それより、通信環境を改善した方が効果は大きいと思います。特に、遅い回線だったり、不安定な回線の場合には、そこを改善することで、全く別物になります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません