新着Pick
74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自治体からのイノベーションを期待するのであれば、自治体職員の、システムが統一されていないことによる頭を使わない業務を減らすことは、必須です。

自治体職員が最新の技術に触れるようになることで、デジタル技術に関する新しい提案がどんどん出てくるようになることを期待したいです
総論大賛成ですが、簡単なようで難しい取り組みです。

既に平成30年から国民健康保険は他に先駆けて標準システムをリリースし、普及に努めてきています。

自治体の業務には法定受託事務と自治事務があります。前者については比較的共通仕様を定めやすいのですが、後者は自治体ごとに取り決めた事務があるのでかなり難しいでしょう。

法定受託事務も住民記録や戸籍などの法令改正が少ない事務は比較的容易に仕様を統一しやすいのですが、国保や介護など頻繁に法令改正があるものは仕様の運用管理が難しい点をどうするか、という課題が残るでしょう。

さらに、仕様までにとどめるか、パッケージを国が構築して自治体に配るのか、という点も課題になるでしょう。
いずれにしても、現実的なのはシェアの大きいベンダーの製品をひな型にして仕様を作成するのがリアリティがありますが、それにより、このマーケットは一気に寡占化が進みます。
自治体の情報システム村で飯を食っている事業者の仕事が減っていく点をどのようにピボットさせながら産業を維持するか、という点については、あまり議論されていませんが、重要なポイントです。

個人的には仕様は統一し、パッケージも国が作る。それによって仕事が無くなる事業者があるのは仕方がないことだと思います。
独自にピボットしていくしかない。

日本は本質的な生産性の議論を避けているところがあり、自治体の情報システムの議論でも産業を維持するために無駄を放置するような本末転倒があるとすれば、それはすべからく是正すべきだと考えます。
誰が標準仕様を決められるのかが一番のハードルです。総務省が決める? ベンダーが決める? 自治体の代表が集まって決める? 何れも難しいと感じます。

言うのは簡単。実行、定着はすごく難しい典型的な課題です。
地方自治は重要ですが、管理システムまですべて独自にバラバラとやる意味は乏しく、デメリットのほうが大きい。ここは国主導で統一化を進めていくことに賛成です。
地方自治(自治省)と行政情報システム(総務庁)と情報通信(郵政省)が合併して総務省になった意味が、省庁再編から20年でようやく発揮されるか。制度化、義務化はできると思うが、予算の裏付けが大変そう。重要法案になりますね。