新着Pick
189Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金融機関のリージュオンオフィスが香港からシンガポールに移転した時は、リーマンショックの前だったと思うが あまり変わった感はなかった。 外資系金融企業で、東京からシンガポールへ転勤してみて、シンガポール居住の人材や世界から人が集まる流動性、国家を挙げて企業を誘致する体制などに大きな驚きがあった。
BCPの観点から、地震台風などの天災がないというのもシンガポールの強みか?
今後はますますバーチャルオフィスとなり、一ヶ所で全員がオフィスワークするというスタイルではない。 それでも 国際的なハブ空港の存在、さまざまなインフラ整備状況、人材の流動性言語のチャレンジを考えると、シンガポールに軍配は上がるのではないかと思う。
「率直に言って、東京は香港に取って代わるのはもちろん、香港からかなりのシェアを奪うのも難しいだろう」。記事に出てくる税制・規制に加え、専門的人材が求めるレベルの高い子供への英語教育環境、メイドサービス等ないない尽くしの東京に来るわけない
最近の国際情勢を踏まえて国の干渉などからの開放度という意味では東京はアジアの中でも金融ハブとしての魅力はあると思います。
高度成長期の輸出大国から投資大国に変容を遂げてきた日本としても資金調達ニーズもあるので税制などの制度面のハブ機能としてのメリットに加えて日本の国力そして東南アジアとの繋がりも大きいと思います。
そういう点が金融機関にもメリットがあるでしょう。
日本としてもマザーマーケットを強化し雇用を創出できることに加えて円のデジタル化などを通じて円の国際化を進める上でも有利だと思います。
以前はロンドンも英国企業ではなく外資系企業が主要なプレイヤーとなる「ウィンブルドン現象」(当時イギリス人のプレイヤーは殆どウィンブルドンに出ていなかったため)と言われていましたが、ロンドンの金融セクターが発展は産業の確立や雇用の創出に大きく寄与しました。
国際金融法人相手の部門を担当してシンガポールをはじめ随所の金融機関を訪ねたことも、信託会社や証券会社を預かってニューヨークと香港に駐在したこともあるけれど「税制や巨大な官僚制度、重い労働コスト、英語を流ちょうに話せる人の少なさ」というのは実感です。かく言う私も英語はダメですし (^^;
ただ、近時、シンガポールやオーストラリアは別にして、ビジネスの場で英語が使えそうな人は日本でも増えていて、なんとかなりそうな気がします。いまでは日本の賃金は世界的にみて残念ながらかなり安いので、ひょっとすると相対的に有利かもしれません。労働コストが重いとしたら、労働市場が雁字搦めの規制に縛られて事業の変化に柔軟に対応できないことや、プロフェッショナリティ―を持つがゆえ高給で日本にやって来る外国人幹部にとってペナルティーとも思えそうな高い税金といったものでしょう、たぶん。安全のみならず“安心”までも旗頭にして微に入り細に渡って事前規制が張り巡らされ、官僚の解釈次第でどのようにも判断できる恣意性が残ってイノベーションが難しい“巨大な官僚機構”は確かに不利ですね・・・ こうした問題は、香港からの金融機関の誘致に限りません。
日本の成長を遅らせたこの問題、これを機会に本気で掘り起こしてみたらどうかしら (^^;
>税制や巨大な官僚制度、重い労働コスト、英語を流ちょうに話せる人の少なさなどの要因

これらの要因は、金融機関だけでなく海外企業の日本への進出を阻んでいるのでしょうね。

大胆な規制緩和をして海外企業を誘致すれば日本全体も潤うのですが・・・。

既得権益とそれを守ろうとする役所の体質が、規制緩和を阻止しているのでしょうね~。
香港で様々なリスクが顕在化する前から、外資金融機関がアジアHQを香港もしくはシンガポールに移していた動きから考えれば当然。
ホームマーケットの大きさや通貨規模、あとは欧米とほぼ同緯度にあるという点で数時間の移動のしやすさが、シンガポールと比較してはある。でも記事にある要因から、ビジネス上の合理的判断としては日本は選択肢として劣位にあるのが現実。
個人ベースでも、言語は障壁。逆に言語があったり、都市国家ではないからの魅力もあり、それゆえに香港やシンガポールより日本を好む方もいるが、マジョリティではないと思う。それはそれで一つの戦略だが、ボリュームを取るという点ではマジョリティやロジックとして、選択肢の中で優位に立つ必要がある。
この領域は東京に向いてないので、別の所で頑張るべき。

逆にシンガポールのように人口が少ないと難しい新しいタイプの製造業やITサービス系、高齢者が多いので新しい技術による創薬など、そういうタイプの規制緩和/特区などで勝負すべきでしょう。
高い法人税、不自由な雇用制度、不便な各種手続き、厳しい入国制度による安価な労働力不足等々、日本の問題点がはっきり見えてきます。これは政治によってしか解決できない問題。奥の手の特区でごまかすより、根本的に日本の将来像のあり方を議論すべき、、、だけどきっとやらないだろうなぁ。
まぁ一番のネックは税率よ。他の言語とかメイドとかそんなもんはどうにでもなる話。

シンガポールも金融センターだけど、どっちかというとピーク過ぎた感がありあり。SGXの上場企業数はどんどん減ってるし、売買高も低迷したまま。今さらここに上場する中国企業はいないでしょう。活発な株式市場なしには香港の代わりなど夢のまた夢。ウェルスマネジメントでも所詮世界シェアは数%もないローカル市場。シンガポールが金融センターとしてより発展したいのであれば香港を上回る人民元のオフショア市場となる道しかないが、そうすると中国の財政金融政策に経済を左右されることになりかねない。そんなリスクは負いたくないのでは。

それにヘイズ、デング熱、ちょっとした違反ですぐに国外追放になる息苦しさ(今は家への訪問客は5人に制限されているが、6人客が来たのがバレて国外退去になった外人ファミリーあり)。そしてなんと言っても狭くて...メシ食うぐらいしかやることねーんだよ。
東京は、ロンドン以上に公共交通機関が複雑で移動時間が掛かり過ぎます。
英語に関してはかなりレベルが上がって来たと思いますが…
物価が安い、外国人への差別が意外にないなど、メリットもあるのですけどね。
コンパクトシティでないのが難しいと思います。
唯一の対抗策は税制で特区を作るしかないかと。