新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
amazonのすごさが実感できる5つの数字。

(以下、記事中からの引用)
1つめの数字は、5700億ドル(約59兆8685億円)。これは、アマゾンの時価総額が、2020年に入ってから7月までに増加した金額だ。

2つめの数字は、63.3%。これは、2020年に入ってからのアマゾン株価の上昇率で、現在はおよそ3000ドルで取引されている。

3つ目の数字は、1800億ドル(約18兆9059億円:7月29日時点)。これは、ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の純資産額だ。ベゾスはアマゾン株の11.1%を保有しており、2020年に入ってからこれまでの純資産は50%以上も急増した。

4つ目の数字は、750億ドル(7兆8774億円)。アマゾンは7月30日に第2四半期決算を発表する予定だが、同社の売上額は少なくとも750億ドルに上るとアナリストは予測している。しかし、(たいていのテック大手株価と同様に)アマゾンについても、市場は「収益性よりも成長を重視」する姿勢に戻っているとモーニングスターは話す。

5つめの数字は、3800ドル(約39万9100円)。証券会社ジェフリーズ(Jefferies)ならびに投資銀行ゴールドマン・サックスそれぞれのアナリストは、アマゾンの目標株価を3800ドルに引き上げた。これは、ウォール街のアナリストのなかでは最も高い目標株価だ。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
時価総額
138 兆円

業績