• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

バイデン氏が15ポイントリード=コロナ影響、トランプ氏支持率低迷―米大統領選

92
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • ジャパン・ソサエティー(米国・NY) 理事長

    もし大統領選挙が今日であったならば、ジョー・バイデン氏が勝利することは明白だ。しかし、選挙まではまだ4ヶ月あり、状況は大きく変わり得る。

    米朝首脳会談やワクチン開発の画期的な前進など「10月サプライズ」の可能性があり、また、現職のトランプ大統領が現在のシステムをどのように変更するかはわからない。そのため、今日の世論調査の結果はそれほど重要ではない。


  • badge
    東京大学 公共政策大学院教授

    まあ、今の時点での数字は役に立たないし、州ごと、特に接戦州の勝敗が大統領選のゆくえを決めるので、全国規模の調査も勝敗予想には意味がない。トランプ支持が伸びていないということは確かなので現状に対する不満ということは言えるだろう。


  • 東洋大学国際学部グローバル・イノベーション学科 教授

    テレビ討論会までは、支持率はあまり気にしない、という風潮です。
    とりわけ、トランプの場合は隠れトランプがいるのと、コアのトランプ支持者は必ず投票します。当落を予想するには、これを分析する必要があります。簡単にいうと、トランプの場合、35%の支持率を維持し、かつ共和党と関係ができていれば、当選可能性はあります。
     最近では、トランプは負けてもホワイトハウスを出ないかもしれない、という報道があるので、かなりの接戦が予想されています。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか