新着Pick
906Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
雇用悪化は一時的なものだと思う。
求められるスキルは今後ますす変わっていき、AIやロボットにとって変わられるものとそうではないものとの雇用機会の差は広がっていく。
企業はDXによるプロセスそのものの見直しが求められ、組織や権限の大きな変革が起こる。 高度専門人材が求められる。
人材の供給と需要のギャップは十分想定されるなか人材をあつかう企業の収益源も変わってくるだろう。
スーパーハケンの大前さん(ハケンの品格)のようなスキルの高い人は需要が変わらないけれど、事務作業はリモートワークによるデジタル化で、きびしくなるでしょうね。

ハケン業界はリーマンショック後のような回復はあるのでしょうか。それとも、シュリンクしていくのでしょうか。COVID-19により売上不振で苦しんでいる会社は、人件費が重くのしかかっています。
『ベネフィット・ワンの営業利益は、2020年3月期に84億円に達しており、成長性も加味した企業価値を示す時価総額は、親会社パソナ(501億円)を超えている。その時価総額はパソナの約6.8倍となる3415億円にまで大きくなっている。』

パソナを買収するとベネフィットワンがついてくるってことか。
リモートワークで従業員すらうまく管理できない管理職が多い中、なかなかバックオフィスの人材を採用する必要性を訴えられない、という問題が色んな会社で生じています。
『人よりも電子化を含めたデジタル化だろ』という意見もよく聞きますし…。
リクルートは派遣事業が占めるウェートが、リーマン後よりかなり下がっているのではないでしょうか?
Indeedがどこまで伸びるのかに注目しています。
また、カード事業のアクワイア事業はセンスが良いなと思っています。まだまだ行けると思います。

パーソルがリーマン後と違うのは海外事業比率の高さです。
リーマン後に、ポートフォリオを作るつもりで、数年かけて構築した海外事業が、コロナ禍で、ポートフォリオにならないのが辛いところですね。
創業者の篠原さんが完全に経営から手を引いて4年目ですね。
順風に来た中での初めての逆風ですが、元監査役としては、是非頑張って貰いたいので、エールを送ります。
頑張ってください❗️
コロナショックは女性不況です。
というのも、非接触化経済で女性比率の高い接客雇用減ってますし、非正規雇用も女性比率高いです。
一方、男性比率高い配達や情報技術職の需要増で女性ほど男性雇用減ってません。
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。
株式会社パソナ(英称:Pasona Inc.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く株式会社パソナグループ(英称:Pasona Group Inc.)の完全子会社。同グループの中核企業。日本人材派遣協会会員。 ウィキペディア
時価総額
675 億円

業績

株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
7.20 兆円

業績