新着Pick
121Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おもしろい。日本は会社勤務でも生産性が低いのにさらに生産性が低くなるのを懸念する。そもそもの仕事のやり方・進め方を根本的に見直すことが必要と言うことに尽きる。
日本の労働生産性は元々低いのが課題視されていますが、在宅勤務で更に低下したとの内容。IT投資というハード面のみならず、生産性を意識した組織創りが必要だと考えます。無駄な残業は行う必要はありませんが、表面的な残業時間の抑制のみでは生産性は高まらないと思います。
原因は3つあると思います。

1.自己肯定能力が低い
たぶん、他国では「頑張ってるし、生産性もあがっているよ」と言うレベルでも、日本人だと「いや、こんなことではダメだ」と評価していると思います。

2.新しいことは最初は生産性が下がる
始めて数ヶ月の段階では、慣れていないので、生産性は低下します。これは継続すれば改善できます。

3.もともと生産性が低いことが浮き彫りになっただけ
オフィスにいると、仕事やっていた気になってものが、それが幻想だったとわかった...

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
このところ自己評価を国際比較すると日本は驚くほど低く、自分にダメ出しする。実際のダメさ以上に、自己評価が低くて、身動きできなくなっている気がします。
在宅勤務で生産性が下がると考えているだけでなく、そもそも在宅勤務ができると考える人の割合も主要国最低。もともと専門職やジョブ型雇用の比率が低く、サービス・販売従事者の比率が高いため、在宅勤務に適していない会社が多い、にもかかわらず、コロナ下にあってもIT投資が少ない、という客観的な事情はあるにせよ、です。
5月の調査というから、その後改善されていることを願います。コロナ前に戻すんじゃなくて、ニューノーマルに向けたIT環境を、企業も個人も整えましょうよ。
生産性…の前に、ゴール設定が重要です。

受験勉強では大半の人が自然と自主的にゴール設定(●●大学合格etc)出来ていたのに、サラリーマンになった途端、そのゴールが曖昧、いやゴールも無くただただ出社してメール返信して、無意味な社内資料を膨大に作って残業して帰宅と言う日々がエンドレスに続く。

シンプルに言うとゴール設定が曖昧だから、生産性が低いんだと思います。
ゴールが明確であれば、各人そのゴール達成に向けて試行錯誤重ねながら生産性上げていくと思いますよ。

良いシステム導入したって、結局ゴールが曖昧ならば作業スタイルは何も変わらない。つまりこの議論すら生産性の無いものになります。

そもそもの仕事のやり方・進め方を根本的に見直す他ないと考えます。
リモートワーク環境下においては、対社内、社外ともにコミュニケーションツールやビデオ会議ツールなど、
あらゆらツールを使いこなして意思疎通を図る必要があります。

特に対社外においては各社異なったツールを使っていることもあるためビデオ会議だけでもzoomやteams、meetなど様々なツールを利用しているため、会議をはじめるだけでも双方の合意が必要になります。

ただこれは成長痛のようなもので、こういったツールを使いこなさなければならないタイミングが急に訪れたためであって、
慣れれば業務進行には問題ないのではないかと。

それよりも業務に関わることから人間関係構築まで、【意思疎通の機会】が相対的に下がっている事によって【周囲との意見の壁打ち機会】の減少によって一つ一つの【対話のトラフィック濃度】が下がりやすい状況をどう解消していくかではないかと思いました。
因果関係が逆ですね。生産性を上げる意識がないからIT投資の内容に問題がある、が正しい理解だと思います。

業績