新着Pick
236Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大統領選挙がある年に米中の緊張関係が激化することは避けられないが、パンデミックの中でどれほど世界経済に影響を及ぼすかは十分には分かっておらず、予測も困難である。

中国による香港への強硬姿勢や米国の制裁法への報復の行方は、国際社会がどう反応するか、そして米中どちらかの側につくか否かにより最終的に決まるだろう。この点において、日本がどう反応するかは重要である。
トランプ政権、ウイグルや香港など中国の人権抑圧の動きに対して積極的に制裁をする構えになっている。トランプは人権には甘いから中国はトランプの方が良いと見る見立てもあったが、人権問題でも厳しくなると民主党との違いはあまり出てこなくなるな。
「香港国家安全維持法」への抗議として、中国当局者らによる香港の自治侵害に対して制裁を科す「香港自治法案(Hong Kong Autonomy Act)」が連邦議会上下両院で通過したのが2日。遅すぎないタイミングでの対応。
陳さん、

決してアメリカ社会の所得格差や人種差別を擁護する意図はありませんが、事実関係を一つ指摘させてください。ジニ係数は中国が38.5, アメリカが41.4で、ほとんど差はありません。ちなみに日本は32.9です。

アメリカも中国も日本も、みんなで豊かになれる社会になると良いですね。

世界銀行による数字:https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_income_equality
デカップリングはアメリカの既定路線であり、
香港まで優遇措置を停止してしまう。

香港をより大陸化していくだろう。

そもそも1997年から香港が中国に回帰したが、
香港が大陸化していったのか、それとも大陸が香港化していったのか、
たぶん大陸の開放によってほぼ大陸は香港化してきた。

デカップリングのなか、大陸はこれから一旦香港化をストップして改革開放の40年来の中身を消化していく。
開放は変わらないが、アメリカ方式に行くのではなく、かなり中国の特色を出すようなやりかたでやるだろう。

世界にはいろいろなやり方があり、どれがコロナなどの病気の予防、感染拡大の防止ができるか、どっちが一般市民も豊かになるか、経済発展が速くなるか、自由に行動し、発言するか、
やり方の間で競争してもいい。

アメリカのように裕福の人はますます金を集め、黒人がどんどん差別していく、そのような社会がいいのか、
それとも中国のようにみんなで一緒に豊かになることを目指す社会でいいのか、中国社会にも欠点があり、いかに克服していくか、
いろいろ考えるべき。
このトランプ大統領の会見を文字通り読めば、香港に進出している企業は撤退を検討すべきであり、また香港を巡る資金フローも大きく変わるだろう。香港のメリットがなくなる事態であり、歴史の教科書に記されるような事件。本来なら、市場でリスクオフ相場が発生しても不思議ではない。
しかし、市場はモデルナの初期段階での順調な試験結果、トランプ大統領のワクチン早期開発への明るいコメントを好感し、日経平均も大きく上昇している。確実性と不確実性で言えば、香港を巡る懸念すべき事態の確実性は高く、モデルナやトランプの楽観見通しのほうが不確実性が遥かに高いのだが。それだけ市場のワクチン開発への期待は切実だということでもある。しかし、私はノーベル賞を受賞したあの本庶佑先生の「東京五輪までにワクチンはできない」という文藝春秋への寄稿で書かれている「生命科学や医学に対する過大な期待と理解不足がある」というご主張に説得力を感じる。

とにかく、トランプ大統領が、この中国に対する決定に基づき、具体的にどういう制裁を発動するか、まずはそれを見極める必要があるだろう。
「国安法を実施する中国政府当局者と取引のある銀行に制裁を科す」とのことですが、海外業務を拡大して多くのドル建て債務を抱える中国の4大国有銀行には共産党幹部の多くが口座を持っているに違いない。今回の制裁措置で一番大きな影響があるのはこれだと思うけど、選挙を控えて中国が米国製品を大量に買う貿易合意を崩したくない筈のトランプ大統領が今の時点でどこまで徹底して踏み込むか・・・ (@_@。ウーン
トランプ大統領にとっては、香港における人権問題とかじゃなくて、要するに米中の覇権争いの一環に過ぎないでしょう。

日本は徒らにこの争いに巻き込まれることなく、香港については、高度人材の受け入れに向けての環境を整えることに徹していればよい。与党の一部にそういう動きが漸く出てきたが、遅い!
ボルトンからの批判コメントが効いたのでしょうか。香港ケースはちゃんと対応すれば防げたとのこと。
トランプ米大統領が、中国が香港への統制を強める「国家安全維持法」を巡り、中国に「責任を取らせる」ための法案と大統領令に署名したと表明しているようです

(追記
一方、中国はこれにつよく対抗する姿勢を見せています
中国、香港国安法巡る米制裁法に報復へ(Reuters)
https://newspicks.com/news/5070330