新着Pick
424Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
水難で溺れている人を助けることが難しい理由は...「その人が溺れているようには見えない」からです。

イメージとしては「バタバタあばれる」感じがありますが、実際に溺れる場合には、「身体を動かすこともできず、静かに沈んでいく」ため、よほどトレーニングを受けた人でないと発見できないのです。

ロックダウンや在宅勤務の時のメンタルヘルスも、似ているところがあると思います。

「まずい状況にある人」でも、「ZOOMなどで話している時」には普通にみえます。でも、ZOOMを切ったあとに、急にモードが変わることになるのですが、もはや、それは見えません。

気がついた時には手遅れになりかねないので、「リモートでも普段の状況を把握する」ことが大事です。しかし、実際には、それが実施できる方法は、ほとんどありません。

そういった意味では、時々はオフィスなどで一緒に時間を過ごすことも、仕事の効率というより、メンタルヘルスの改善という意味では良いかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
メンタルヘルスの分野では、治療が必要な人の大多数が治療の必要性を認識しておらず、治療を受けようとしないことが多いため、潜在的なニーズと顕在的なニーズが大きく乖離しています。

多くの場合、早めに専門家の助けを求めれば無駄に苦しまずに社会生活を送ることができるのにも関わらず、大半の方が治療の必要性を認識せず辛い思いをしながら暮らし続けている現状があります。

この記事で指摘されているように、精神疾患に関するスティグマが人々が助けを求めるのを思いとどまらせる最大の原因になっており、スティグマを取り除く努力が必要であることには100%同意します。

一方で、この記事では重度軽度問わず様々な精神疾患を大雑把に一括りにして論じているだけでなく、治療へのアクセスの困難さの強調、治療の効果に対する悲観的な論調、あたかも入院や警察介入が頻繁に必要になるかのような記述など、精神疾患へのスティグマや治療への抵抗感を逆に強化するような内容となっている印象は否めません。

コロナ禍で増加すると思われる不安症状や抑うつ症状のみで入院や警察介入を要する例は極めて稀ですし、ほとんどの方が普段通りの日常生活を送りながら治療を受けることができます。また、医療格差の激しい米国においても、治療を求める方には経済力や保険の種類・有無に関わらず、最低限のメンタルヘルスケアを受ける道は開かれています。

誰でも一定以上のストレスに晒されると早晩メンタルヘルスの不調を来しますし、自力で対処できることには限度があります。専門家の助けを求めることに後ろめたさや恥ずかしさを感じる必要は全くありません。治療法の開発や医療システムの改善も大事ですが、何よりもスティグマを取り除くことが最優先であると臨床の現場では常々感じます。
外出自粛中にメンタル面の変化の早さと変化によるインパクトの大きさを体感しました。

思うところがあり5月下旬から2週間近く、自己否定し続けたりネガティブ思考を繰り返してみました。
メンタル面に2.3日で影響を及ぼし、1週間経った頃にはすっかり元気がなくなりました。

2週間経ち、友人の心療内科医にカウンセリングしてもらい徐々に元の状態に戻しました。

元気がなくなって初めて見えたことなどもあり、心のデトックスは上手くいきましたが、もちろん決して真似はしないでください。
一般の方々もそうですが、私たち医療介護などの職種は更に深刻、というか潜在的にメンタルヘルス危機を抱えていますが、それがコロナによって顕在化しつつあります。
人手不足、過重労働、待遇面、感情労働、などに加え、コロナにより、風評被害、(家族ですら)差別、感染リスク、、、加えて(特に医療は)ボーナス激減。。。
しかしながら、使命感に下支えされている我々は滅私奉公的に従事している人も少なくありません。
日本ではメンタルヘルス=精神病=自分が悪い、弱い=恥ずかしい=メンタルヘルスケアを受ける土壌が出来ていない、と思います。
企業も社員のメンタルヘルスケアへの責務について、ことの重要性に人事部くらいしか認識していない気もします。
そうした風潮もあいまって、日本ではまず、医療介護従事者のメンタルヘルス危機が顕在化してくることが非常に心配です。。。人材が潰れてからでは遅い、、、多様な支援策や土壌づくりが必要と思います。
一旦収束したと思われたものの、7月に入ってからの感染者数の増加を見ると、不安になります。

「検査数が増えたから感染と検出された人が増えた」、「夜の街で増加している」など、色々な報道がありますが、この数字をどのように受け止めたら良いか分からずに戸惑っています。
各地に出張に行かれている方が来社されるとなると、不安な気持ちも沸いてきます。

いつまで続くか分からない不安が、じわじわと精神面を疲れさせていますね。
思えば4-5月は自分も少し気持ちが不安定だった。6月に入り、社会が動き出すにつれて落ち着いてきた。一見、平気なように見えても、心身にはストレスがかかっている。とにかく無理をしないこと、周囲の力を借りることを大切にコロナと付き合っていきたい。