新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
サイバー攻撃との誤認…?
一般的にアクセスの集中が予測されるときは、あらかじめサーバをスケールさせた上、インフラチームがしっかりと張り付いてアクセス増に対応します。
対応策としてはアクセス量に合わせてインフラを増強させていく方法と、アクセスの一部だけを正規のルートに回して他はわざとエラーページに飛ばして少しずつ処理する方法(ロードバランサーの活用)が考えられます。
決済確定後にデータベースのアクセスエラーが発生して白画面に飛ばされたりするとユーザー側としては買えたのか買えなかったのか確認できず、大量の問い合わせやクレームを生む可能性もあり、今度はカスタマーサポートがパンクします。また決済画面まで同時に1万人が進んでいて、5,000人が最後の最後で売り切れにより買えないという状態もユーザー体験としては良くないでしょう。
そういう意味で「アクセス時点であえてエラー画面を出してちょっとずつ処理する」方式を取っているところが多いだろうと思います。売り切れにかかるのが5分なのか20分なのかは例えばディズニーからすると特に大きな問題でもありません。
「全部捌くことを目指している」わけではなかったりするので遭遇したらそんな背景にも思いを巡らせながら待ちましょう。
最近はマスクの購入や、ディズニーのチケット購入などアクセスが集中してサーバーがダウンしてしまうケースが頻繁に起こっていますね。
サイバー攻撃と間違えて顧客からのアクセスの多くを遮断してしまうのだそうです。最近はSNSなどで事前に広く周知されることが多く、応募期間があるものでも初日にアクセスが集中する傾向もあるように思います。

業績

シャープ株式会社(英語: SHARP CORPORATION、中国語: 夏普電器有限公司)は、日本・大阪府堺市に拠点を置く、中華民国(台湾)鴻海精密工業(フォックスコングループ)傘下の電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
7,204 億円

業績