新着Pick
1422Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ひとつだけ補足。アポロは輝かしい成功で1970-2010の、この記事でいう「宇宙2.0」は失敗だったのか?

必ずしもそうではない。

もともとフォン・ブラウンは、まず地球低軌道に宇宙ステーションをつくり、それを足がかりに月へ行くという構想を描いていた。つまり地球の周りから順番にインフラを作っていくやり方。この方が本来的な順番だろう。

ところがソ連との宇宙開発競争になんとしても勝たなきゃ行けなかったから、すべてをすっ飛ばして月に行った。目的は、ソ連の旗より先に星条旗を立てること。それがアポロ。結果、キャンプ旅行みたいなミッションになった。行って、帰るだけ。後になにも残さない。インフラも築かないし、産業も生まれない。

だからアポロ後は、低軌道からのやり直しになった。それがその後の50年。これだけ時間がかかったのは、ソ連との競争がなくなったというのが大きいし、NASAの老化、お役所化もあった。でもそれだけじゃない。行くだけじゃなく、インフラを築き、産業を育てるには、長い時間がかかるのです。それがアポロ後の50年。その50年の積み重ねの上に、今の民間宇宙の隆盛があります。イーロンマスクが一人ですべてをやったんじゃない。だってISSもCOTSもなければSpaceXはなかったのですから。そして民間宇宙産業は2010年代になって突然出ていたのでも全くありません。SpaceXが派手すぎるのでそう見えるだけです。50年をかけて裾野から積み上がってきたのがいまのアメリカの宇宙産業です。

熱狂という言葉をこのスライドは多用する。たしかに熱狂はとても大事。でもそれだけじゃだめ。なぜなら、どんな熱狂もいずれは覚めるものだから。宇宙開発は長い時間がかかるのです。一時の熱狂ではなく、木を育てて花を咲かせるように、長い時間をかけてインフラを築き、産業を育成することが、なによりも大事なのです。

【追記2】それとこの記事は無人探査を完全スルーしてますね。無人の「宇宙2.0」は、ボイジャー、バイキング、マゼラン、ガリレオ、カッシーニ、火星ローバー、そしてはやぶさと、まさに黄金時代でした。まだまだ黄金時代は続きます。
「宇宙1.0」からの開始はリーズナブルだが、もう一歩踏み込んで「宇宙0.0」としてロシアの物理学者でありロケット工学研究者のコンスタンチン・ツィオルコフスキーを紹介して欲しかった。今から120年以上も前にツィオルコフスキーが導出した有名な「ロケット方程式」がなかったら、そもそも人類はロケットで宇宙に行けていない。つまり今日の宇宙開発や宇宙ビジネスは夢のまた夢。。。は言い過ぎだが数十年は遅れていた可能性がある。
私も「監修」ということで参加させてもらった記事です。米ソ宇宙競争から始まった宇宙開発が新たな局面に入ったという歴史的な転換点だということを手軽に学べます。
宇宙開発の歴史が簡潔にまとめらていて面白い。

宇宙開発は政治的な情勢に常に影響を受けてきた。対立の時代に技術が飛躍し、協調の時代には進歩の速度が緩やかになるというのは何とも皮肉だ。

これから作る数10年間は、将来どんな時代と評価されるだろうか。楽しみだ。
よくまとめられていて勉強になります.

どうでもよい話でが,週末ですので雑学を一つ.
近代の宇宙開発の原点「宇宙0.0」はどこにあるかというと,よく知られているロシアのツィオルコフスキーです.ロシアでは19世紀末,「ロシア宇宙主義」と呼ばれている哲学が幅をきかせていました.その中心人物は,ニコライ・フョードロフ(1829-1903)という思想家です.フョードロフはルミャンツェフ博物館(現ロシア国立図書館,旧レーニン図書館)の図書係でしたが,モスクワのソクラテスと言われるほどの博識でした.彼の死後,弟子たちが「共同事業の哲学」を著しました.近未来に人類は新しい生命科学に到達して不死になり,アダムとエバ以降の人類すべてが生き返る万人復活が可能になる.そうなると土地も食料も不足するから,宇宙に移住しなければならないという内容.まさにSF,トランスヒューマニズム.さらにフョードロフはロケットの基本的な構想図を作りました.その図がツィオルコフスキー,フォン・ブランに流れ発展していったのです.フョードロフがあまり知られていないのは,その後誕生したソ連が宗教を禁止して,この万人復活説を消し去ったからでした.

さらに週末ですので雑学をもう一つ.
日本語「宇宙」の語源はどこにあるか知っていますか? そんなことも知らずに宇宙を語っていると,「ぼーっと生きてんじゃねーよ」とチコちゃんに叱られちゃうぞ.

依然として週末が続いていますので,もう一つ.
「有人宇宙飛行」って要らないよね.なんで,宇宙,月,惑星にわざわざ「人」を送らないといけないの? 無駄だよね.ロボットで良いじゃん.日本のロボット技術なら,月や火星を一番で開発できるよ.「有人」でなければいけないなんて誰が決めたの?思考停止.
歴史がまとまっていて分かりやすい。
一個、ポイントと気になっている点。Space Xのコストダウンは再利用だけでなく、ロケットのモジュール構造にもある。共通設計なので、それを何個組み合わせるかでペイロードが変えられ、様々な用途に対応できる。共通コスト化したことで、開発・生産コストを量で薄めることができる。
そして気になるのはスペースシャトルもSpace Xの一段目ロケットも、「再利用可能」という点。スペースシャトルは思ったより運用コストが高かったことも退役要因だったと思うが、再利用可能というなかでもコストが膨らむ・膨らまないの分岐点はどこらへんにあるのだろう。宇宙空間という過酷環境にまで行くか否かという点?でもロケット打ち上げ自体は燃焼温度など含めて十分に過酷な環境だし…
宇宙ビジネスとはまったく違う金融分野から宇宙開発に参入したイーロン・マスク。電気自動車でも既存のビジネスモデルを破壊しました。破壊的創造者とはまさに彼のことをいうのでしょう。その発想力と行動力はすごい。
「国威発揚」とさかんに言われた20世紀の宇宙開発から、私企業や個人が注目されるとのへ。
宇宙開発から、時代の変化を強く感じます。

創作物語の世界も、「宇宙戦争」「未知との遭遇」「E.T.」といった異星人が登場するものから、「オデッセイ」や「宇宙兄弟」のように、地球人が宇宙で活躍するように変わりました。
先日、スペースXが有人飛行を成功させた時にも宇宙の歴史が書かれていましたが、図解されるとかなりわかりやすい。これは必読ではないでしょうか。お子さんにも分かりやすいと思いますので、休日に親子で宇宙開発について学ぶのもいいと思います。

【3分解説】スペースXの有人飛行は、何が「歴史的」なのか
https://newspicks.com/news/4950177/body/
小野さんのコメントが響く。一人じゃ何も出来ないし、こういうニュースの裏側に多くの先人がチームで積み上げてきたものがあり、着実に積み上げてきた強靭な足腰の先に華やかな右ストレートがありますね
この連載について
テクノロジーの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート