新着Pick
503Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「コインの受け渡しを8割削減したい」ってなんかもうよくわからないその頑張りもミラノ風ドリアも大好きだサイゼリヤ。
今まではこの中途半端な端数が「お得感」として出数が高まると言われていました。今回それを無くすことで、本当にお得感って今も感じられていたのか。この辺りの見直しになるのも興味深いです。
大袈裟でなく、目から鱗的な解決をもたらすこういうソリューションが大好き。

バズワードに惑わされず、シンプルで、お客様のためになり、自社にもメリットもたらす意思決定を下せるところがサイゼリヤの強み。胆力ある会社。
なるほど、キリ良くして会計時間を減らすという意図だったのですね。
データサイエンスの話ではないにせよ、サイゼリヤの経営戦略上の意思決定には明確なロジックがあって、やっぱり好きだなぁ。
現金支払いがいまだに多く残っている日本で、この対応は盲点でした。

1円値上げされるより迅速に会計ができて小銭が貯まらない方がいい客の方が多いような気がします。

「塵も積もれば山となる」で、サイゼリヤ側も売り上げ増になるし。
サイゼリヤはコロナ時のテイクアウト対応が神だったのでほんの少しの値上げでも行きたい!
ただ、学生は1円単位で決めるところはあるので50円くらい上がったら敏感な気もします。
高校生のときもたくさん行ってたな。
年内には全店でキャッシュレス対応へ、とのこと。
サイゼリヤ最大のアピールポイントである価格ですが、席数を減らすなかで価格改定を行うのであればもうちょっとちゃんとあげたほうが良いように思います。企業努力はすばらしいことですが、低価格帯の商品を値上げして従業員の待遇改善につなげてはいかがでしょうか。
会計時間短借が目的ならば、COVID19感染症対策しての接触時間短縮と共に混雑時の回転率を少しでも上げたいのだと思います。今後はキャッシュレスだけでなく、会計の無人化などにも対応する必要もありますね。
ミラノ風ドリアが299円から300円になったことによる変化に興味津々
徹底してクレカやQR決済いれないのはすごいですよね。利益率1%にこだわってるだけありますね。

前日1円の値上がりがニュースになってて、改めてすごい会社だと思いました。笑
株式会社サイゼリヤ(英語: Saizeriya Co,. Ltd.)は、イタリアンファミリーレストランチェーン「サイゼリヤ」を運営する企業。「サイゼリア」と間違えられることもあるが、正しくは「サイゼリヤ」である。 ウィキペディア
時価総額
989 億円

業績