新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セキュリティ関連の考慮事項、インフラ管理のコストが削減出来る点が大きいと思います。

AWSの場合、総務省・経産省・厚労省が発行している医療情報ガイドライン、通称「3省3ガイドライン」については実際に医療現場で実装経験がある5社の企業さんに大きな協力を得て、リファレンスペーパーを作成、フリーでダウンロードすることが出来るようになっています。
https://aws.amazon.com/jp/compliance/medical-information-guidelines/

記事中にある医療情報データ交換の標準規約としてグローバルスタンダードになりつつある”HL7 FHIR”については北米の大手電子カルテベンダーである「Cerner」が既にAWSのアーキテクチャで実装しています。
https://www.healthcareitnews.com/news/cerner-collaborates-amazon-web-services-cloud-innovation-machine-learning

国内ではオンライン診療や電子カルテサービスを提供されているメドレーさんが厚労省の電子処方箋実証事業においてAWS基盤上にて”HL7 FHIR”を採用し報告をされています。
https://developer.medley.jp/entry/2019/04/02