新着Pick
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事を書きました。毎年発行されるロイタージャーナリズム研究所のデジタルニュースリポート2020年版のポイントです。

想像以上にニュースへの課金ユーザーが世界的に増えており、アメリカでは昨年から4ポイント増の20%に。一方で、課金が集まるのはNYタイムズやWSジャーナルなど、一部の勝ち組に偏っています。

日本はわずか1ポイント増の8%で最下位グループ。一つにはヤフーやスマートニュースなど、ただでニュースが読めるサービスが非常に強いこと。もう一つは全国紙やテレビ局などのデジタル化が遅れて、有料課金サービスが少ないし、そのサービス内容も欧米に比べて充実していないことが理由だと思います。
単純に金払う価値のあるメディアが日本にないからでは…日経でもたまにひどいもんね
情報を誰もが発信できるようになる中、「何を」と「誰(どこ)が」発信したかが重要になっている気がします。
重要というより、誰が何を発信したかによって、人々がその情報を「信じる」というか、「シェアしたくなる」「自分はこの情報を知っている」というアピールになる。。。
でも一番は自分自身がその情報の真偽を精査したり、その情報から自身の行動に結びつけることなのだと思います。
私たち専門職が日々行なっていること。アセスメント。情報を解釈関連づけて具体的な行動にすること。
情報は右から左に流せばよいものでは無いということ。
という自分もただ呟いているだけなのかも。
日本人はTwitter利用率がグローバルの中で高い。
無料で情報を取り、好きにコメントするのが好きな国民性なのでしょう。
質の高い地域メディアの課金モデルの可能性はあるかしら?
【社会】ニュースから一歩進んで、アカデミックな媒体にお金を払って情報を得るということはさらにハードルが高いのかも…。