新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この判断を受けて防衛力維持のためには限られた予算で防衛力を整備するのにはどうすべきか。何が必要かを論じるべき。ミサイル防衛体制の部分的修正という次元ではなく。
防衛省内には、当初から懸念があったと。米朝のフェーズが変わっていることもあり、大臣には米側の理解は得られる感触もあったのではないでしょうか。