新着Pick
658Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「営業ができなかったことのほか」
そうか、あれ、「営業」だったんだ・・・徴収とか取り立てとか言うのかと思ってた ^^;
受診料という制度は、なんだか怪しい制度ですね~。

大の大人が一軒一軒回るはとてもコストが高い。
彼らの人件費の方が得られる受診料収入よりも高いのではないでしょうか?

また、受診料を徴収する人たちに一種の利権があるという話を耳にしたことがあります。
利権がらみになっているからNHKは戸別訪問を止められないのだとか・・・都市伝説のような話ですが。

公平性を保つのであれば、全額税金で賄ってしまった方がいっそ清々しい。

今やテレビが情報収集の主たる媒体ではなくなっているので、「報道の中立性」に固執することもないでしょう。
【NHKはコスト意識が弱い気がする。受信料の徴収がこのまま伸びることはなく、むしろ下がると見ている。コストを見直し、番組などの作り方の意識改革が必要だ」と指摘した。】

とのこと。

弱い気がする→まったくない、
むしろ下がる→必ず下がる、
意識改革が必要だ→明日からコストダウンをする、

と考えるのがほぼ常識なのではないかと思います。いい番組確かにあると思うけど、昔みたいにいくらでも金かけていい時代ではなくなってしまったので。
いい加減法律改正すべき。

泣き寝入りを狙ったようなしつこい営業で契約を取って代理店に多額の契約フィーを払ったり、高給
な職員ばかり雇うくらいなら、税収から賄った国営の方がマシではないでしょうか。

もちろん予算を適正化した上での話ですが。

とにかく受信料を見直すべき。

会計検査院はちゃんと検査しているのか疑問ですね。
前田会長は本質をわかってないのか、あるいは意図的に振舞っているのかはわかりませんが、問題なのは受信設備があれば契約の義務があるというバカげた放送法です。これを改正しない限り、受信料問題や契約数問題は建設的な議論になりません。
波が多すぎるし、最近は再放送ばかり。視聴者に説明もない。どうでもいい民放もどきの番組も多い。硬派な番組だけ作っていればよろし。バラエティなんか望んでません。
過剰な煽りやcm がないので毎日ニュースを観ていますが、かつて私が自宅を留守にしている間に妻の元にNHKの徴収者が現れて、BSの方もしっかり同時契約させられていたのには驚きました。
感覚としては「してやられた」です。
だからといって苦情を申し入れるのはスマートじゃないのでやりませんが、全く時代に沿ってないですね。
昭和の頃から何も進化してないのでしょう。
時流に気付いてそろそろ変わるべきですね。
民意もしっかり反映して国民が納得できる組織作りをしていただきたいです。
Nリンクスの取り立てとかやばいらしいからね笑。
放送を受信できる設備があると問答無用で契約しないといけないのが、そもそも今の時代にそぐわない。失礼な言い方になるけど、そんな楽なマネタイズをしている限り、廃れる一方だと思う。

NHKの番組を欲しい人だけが視聴できるようにすべき。その代わり、今の受信料よりも少し値上げしても良いかもしれない。ポテンシャルはあると思うんだけどなぁ…
大河ドラマやNHKスペシャル、ブラタモリなどクオリティーの高い番組が多いので頑張ってほしいですが、Netflix等と比べるとどうしても割高感は否めません。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア