新着Pick
255Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「不景気に安くで買い、好景気に高値で売る」が鉄則のM&A。

紹介手数料や買収する際の買収査定(デュー・ディリジェンス)が伴うM&Aには、企業にとって、お金も、時間(労力)もかなり負担がかかる。

M&Aにおける成功確率は、一般的には2.3割と言われるが、たいていの失敗シナリオは高値で買収してるケースが多く、体力のある買い手企業としては、このご時世のような安く買えるタイミングでなるべく安く買収したいものだ。
宣伝なら、こちらもどうぞ(^^)
https://newspicks.com/news/4788844/
中小企業にとってM&Aは以前よりかなり身近に。経営者の平均年齢が60歳を超える中、今回の騒動を長期的に切り抜けていく視点でM&Aを活用したいという声は体感値ではありますがより増えています。
「経営改革を行わなかった経営者が子供に継がせるのを不安に感じている。災害や貿易摩擦など経営リスクが多く、今後を考えて、大手の傘下に入ろうというニーズもある」
悩める事業者に支援金などの支援だけでなく、どのような意思決定を行なって行くべきか的確にアドバイスできる人が求められているのかなと思いました。
コロナで移動が制限されてM&Aが減少すると思いきや、逆に活発化しているのはUSのテック業界も同様です。文中にも「テレビ会議を駆使」とありましたが、コロナ禍が切り開いた「Zoom革命」は、バリュエーションの適正化もあいまって、M&Aの様な高取引コストの取引も活性化しているのだと思います。