新着Pick
906Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の農業の生産性は、全産業の27%程度しかない、というのには驚きました。保護行政がうんだ非効率。

COVID-19パンデミックで、輸入に依存しない食糧確保が重要になりました。農業の革新によって生産性を高め、まずは自給自足ができるまでに。さらに輸出で儲けられるように。
農業界は市場も構成メンバーも非常に大きい業界でありながら
都心で生活と仕事が完結している人にとっては謎の世界であり、
農村で暮らしている人たちにとってはどうしても目前の課題に目がいって俯瞰してみることができない。
よって論点はすれ違いがちです。

自給率、生産性、就業者の平均年齢など目立った数字を追いかけると、日本農業には未来がないかのように見えたりしますが
実際に農業界にそんな危機感があるかというと普通に頑張れば成果も出るし
年収1000万とかなくても十分に豊かな暮らしが農村ではできるのであまり危機感も感じません。
儲かっても使い道に困るから、そこそこ農業で結構ハッピーだし持続性も高い。

大規模化、生産性向上、スマート農業、農協に頼らない物流商流など最近のトレンドは一部には適応可能ですが
大部分にはあまりにも現実感がなく、農業や農業者のためというよりは関連新規参入事業者のための提案がほとんどです。

それでも農業に対する世間の関心は相対的には高まっているし
こうした場で議論が交わされることで徐々にリテラシーが高まっていくことは重要だと思います。

なんだか、コメント出遅れてしまい、玉虫色のコメントになってしまいましたが
私は日本の農業の玉虫色(多様性)は必ず世界的に評価が高まると信じています。
SDGsとか日本の農村以上に実現してきたモデルはなかなかないのではないでしょうか?
世界の都市が日本の農村に学ぶことはとても多いと思います。
少なくとも私はそう信じて農業、農村と関わっています。
「市場や環境変化に迅速に適応するマーケット・イン型の農業」ができる方は、既に切り替えられています。
大規模化を図れるところは、既に大規模化を図っています。
フードバリューチェーンの最適化に関しても、10年くらい前から言われていますが、なかなか最適化が図られないのは、高齢化や商習慣、デジタル化が進まないことなど、様々な要因があります。

日本の農地の4割は中山間地域にあるため、土地の制約上、大規模化を図るにも限界があり、しかも飛び地になっているためスマート農機を導入しても生産性を向上できないのが実態です。

他の産業が取り組んできたことを導入するだけでは、なかなか解決できないほど課題が山積しているのが、日本の一次産業です。