新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
オンライン化は必然です。
記事が指摘するようにリアルでおこる偶然の出会いや感じることも、これまでのようなイベント会場である必要はないので、多様な接点を作っていくしかないと思っています。
そういう意味では、業種を越えたコラボレーションがますます重要ですし、同じ業界で他社紹介などしあっても面白いと思います。

コンテンツ作成にに関しては、認知を得るためにオンラインでも共感させられる力のある表現をできるタレントの養成と、働く姿をイメージさせられる等身大の日常を見せる工夫がポイントになると考えてます。

これの流れは新卒採用だけでなく中途採用でも同様です。自社で働くことの魅力を作って表現できない会社は人を確保できずに淘汰されてしまいます。
これで、意味のない(失礼します)リクルートスーツが絶滅するのであれば、就活されているみなさんにとっては朗報ではないでしょうか?

web就活も、今は、単純なオンライン化ですが、e-Learningが、そうであったように、すぐに進化していくと思います。

とは言え、文脈は別になりますが、日本は、ほどなく、以前のように戻ってしまうような気がしています…本当に残念なことですが。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
リアルイベントがもつ「偶然性」と「熱量」。それがオンラインで置き換えられるのか、それとも別物として共存するのか。「熱量」でいえばスポーツや音楽ライブにも通ずる話でリアルならではの五感や熱狂はなかなか代替できない。偶然性は何かの変数の掛け合わせで、再現できるように思います。

広い範囲をカバーするならオンラインで、狭くても熱を重視するならリアルで、という住み分けがよさそう。