新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
韓国の産業通商資源省の室長が、「韓国政府は過去6カ月間、誠実に対話に臨みながら輸出管理を正常化し、日本側が昨年7月に問題視した点をすべて解消した。5月末までに日本側は撤廃の判断を示さなかったため、正常な対話は難しいと判断した」と述べた。これだけを読めば「義務を果たした韓国政府。それを無視して依怙地になって輸出管理措置を元に戻さない日本政府」と見えてくる。しかし、問題はそんな簡単もなのではないだろう。「韓国側は問題点をすべて解消した」と簡単には結論できない疑問点が残っているからだろう。それが韓国の重大な国家機密、おそらくは文在寅政権以前からの南北関係に関連するものであり、あまりにもび微妙な問題なので日韓両国とも具体的内容を公表できない。日本の担当大臣が一昨日、「この件に関して日韓対話の内容は情報開示できない」と言ったのはそのためなのだ。そうなると、韓国側は情報開示できないことに安心して「責任を果たしたのに日本政府は輸出管理措置をそのままにしている。WTOに提訴する」と発言したことになる。