新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【政治】二階氏自身は親中派であるとされるけれども、二階氏に限らず政府・与党の立場にある人の方がかなり慎重に発言しなければならない状況にあるというのが現実だろう。「一国二制度」という特殊な事情があるとはいえ、香港が中国の領土の一部であることを考えると、諸外国が香港問題に介入をすることは「内政干渉」となってしまう。

1989年の天安門事件の際は、中国の国力が比較的弱かったことから、諸外国、とりわけ西側諸国は中国に対して強硬な姿勢を貫くことが可能だった。しかしながら、この30年間で中国の国力が強大になり、諸外国と中国との相互依存関係が強くなったことで、単純に強硬姿勢を貫けば良いというわけにはいかなくなった。

1997年の香港返還に際して、社会主義国家の中国に返還されることで香港は「自由」を失うとされた。近年の香港は正に「自由」を失いつつあるわけであるが、返還前の香港がかつての大英帝国の植民地であったことを考えると、香港で担保されていた「自由」というものには多分に「帝国主義の残滓」が含まれているという点も十分考慮すべきであろう。