新着Pick
474Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
その背景は、収入減や、マンション価格の下落期待(タイミング待ち)だけでなく、都心のマンションへのニーズ自体が減っているのだと思います。新型コロナの影響で在宅勤務が拡がったことにより、家で過ごす時間が多くなり、単身の場合も、DINKSや子供のいる家庭の場合も、今よりもっと広い住環境が必要だと感じている人は増えています。家族のそれぞれが同時にZoomでのオンライン会議や授業などがあるとき、雑音を避けて集中できるスペースを確保することは、狭いマンションだと難しいです。また子供が外で遊べないとき、家で発散したくても、マンションでは隣近所に迷惑になるからと室内で騒ぐことができません。

既にリタイアしている場合には、当てはまらないかもしれませんが、現役世代は、通勤に便利な好立地のコンパクトなマンションよりも、(中古であっても)庭付き戸建ての方が良いと思う人が増えているのではないでしょうか?
購入意欲が”今”下がっているのは、それはそうだと思いますが、価格が下がるかは供給量にもよります。

リーマンショック時には、自転車創業で作りにいっていた新興不動産デベロッパーが投げ売りましたが、今回は資金繰り支援のおかげで大きな投げ売りは見られません。
しかし、足下で賃貸住宅の解約は増えていると見られ、ポートフォリオを組むほどにはなっていないサラリーマン不動産オーナーの売りが出ないのかと懸念してます。

一方で、大手不動産の高級新築マンションは価格下がってますが、仕込んだ時期からするとなお高値なようで、クラッシュするほどの下げは見込みにくそうです。

結局どうなんだというと、アセットタイプとクラスによるという感じでしょうか。全体として、連鎖破綻にならなければ、今のところそれほど暴落する感じには見えません。金融機関がお金を引かないか次第ですかね。
全体としてお金は余っているので、特に不動産は、中期的にインフレ圧力はあり続けるのだと考えています。

東京はもうダメだ論について、世の中急には変わらないと思いますね。
コロナ禍で「先行き不透明」になってしまった今の時代、マンションという大きな買い物をする気力が失せてしまうのは当然です。

ましてや、住宅ローンを借りて購入などということになれば、「清水の舞台から飛び降りる」覚悟が必要。

収束の目処が立つまでは、需要は簡単には戻らないと思います。
先行き不透明感高まってますから、そりゃそうでしょう。
ただ一方で、コロナショックで耐えられなくなった飲食店オーナーとかが保有していた優良物件が市場に出回りはじめてきているなんて話も聞いています。
不動産購買におけるカスタマージャーニーについて、ピッカーでもいらっしゃる株式会社LIFULL AI戦略室 主席研究員・清田さんの記事が面白いです。

Twitterを解析すると、典型例が抽出できるというもの。いま解析するとどうなるのでしょうね。


清田陽司
住居選択支援を目的としたAI技術適用の試み
-ソーシャルメディアへのクラウドソーシング適用および物件画像への深層学習適用
https://jsai.ixsq.nii.ac.jp/ej/index.php?action=pages_view_main&active_action=repository_action_common_download&item_id=8697&item_no=1&attribute_id=1&file_no=1&page_id=13&block_id=23
実際、コロナ禍により「庭がある」ことの価値って大きくなったように思います。そしてリモートワークも可能なのであれば、わざわざ都心の狭いマンションを高い金額で買うよりも、それより安い地方の一戸建てを賃貸なり購入するなりしたほうが合理的だよねと考える人も増えたんじゃないでしょうか。

とはいえ、実際にその行動を取れる人はサラリーマンには少ないと思います。「様子見」ということでしょうね。
テレワークが増加し、通勤のことを考えなくなれば、ますます市場ニーズは低下してマンションや賃貸オフィスの価格は低下するでしょうね。

個人の不動産運用投資に関わる人たちのバブル崩壊が心配です。

新型コロナウィルスによる営業不振で、都内の一等地の賃貸オフィスの撤退、縮小だけでも大きなダメージだと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
テレワークが普及されてきて、
やはりお父様も個室を必要となる。
もっと大きな住宅を買い替えしたい。
テレワークに適する住宅が欲しい。
となると、
新しいマンションがどんどん売れるかも。
外出自粛になり購買意欲が大きく下がっているのが不動産のようにも思いますが、都内の人が郊外の物件を探しているという話はよく耳にするようになった気がします。これから物件に関する反応がどう変化していくか注視したいです。
リモートワークが推進によって地方への移住が進み、都市部一極集中が減って、国全体で広域での地域活性化ができるようになるといいな。軽井沢や宇都宮や浜松といった街で伸び伸びと暮らすのが理想的です。