新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回のコロナ禍は、テレワークの推進の大きな契機になりました。

オフィスコスト削減も大きいですが、「ジョブ型」の採用がすすめば「雇用改革」が起こります。

日本社会に大きな変化をもたらす可能性があると考えています。
テレワークでコストが大幅削減できるので、テレワークに舵を切っていくと思っています。フリーで活動していても、リモートでの仕事は移動の交通費も時間も削減されてやりやすいです。

成果主義にはなってくるし、合理的になるのでリモート歓迎です。
コロナ騒動が、ある意味、"聖域"を無くす契機となった。テレワークが浸透しなかった理由は、諸々あると思うが、自分も、相手も、"会うこと"が前提でビジネスが成り立っていたからだと思う。それが無くなった現在、所詮無理なこととして諦めていた"本質的な変革"を着手し、推進できる状態が整った。変革を進める上で一番の弊害となる、"変わりたくない"という心理的な抵抗が低くなっている今、この契機を逃してはいけない。自社だけでなく、顧客も、ビジネスパートナーも含めて、今までの当たり前に拘らず、変わることを、こんなに前向きに受け容れていることなんて今までなかった筈だ…。変革実行後の期待効果も早期に享受できると思う。例外なき、聖域なき、大胆な変革活動を自ら起こしていきましょう。一人ひとりの当事者意識が"後戻り"させない強力な推進力になると思う。
できる人と、できない人、できる企業と、できない企業に分かれるだけで、全体としては、「できない人、企業」の方が圧倒的に多いでしょうね。

ただ、そういった人、企業は、世界のトレンドからは取り残されることになります。

残念なことに、それは国内に居ては実感できないと思うので、大きな遅れにつながるでしょうね。

テレワークも、そうですが、もうひとつ「ハンコ文化」の行方が気になっています。この機会に廃止できなかったら、もうチャンスは二度とないと思いますので。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
生産性向上、コスト削減、働き方改革。「経営者がメリットを実感できた」会社はテレワークを定着させる。平時にその会社が発展する因果関係が示せれば、ようやくテレワークが本格化するんでしょう。
テレワークって懐かしい響きだと思ったら、比嘉先生ですね!やっぱり第一人者だったのですね。テレワーク研究が何をやるのか、講義を聞いてもよくわからなかった記憶がありますが、最近意味がわかってきた。