新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もちろんここに書いてあるようなエッジサイド、ロボット側のスペックを低く抑えることが可能という事情もあるだろうとは思いますが、ユーザーの経験価値を高めていくために様々な現場の事象を把握してシミュレーションを行っていき、最適結果をロボットに反映する必要性とかもあると思います。
クラウド活用に躊躇する時代は終わった気がします。