新着Pick
560Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日コロワイド196店舗閉店の話もありましたが、居酒屋は本当に厳しく。緊急事態宣言が解除されても、体感値として30%〜40%減が続いています。飲食を避ける層が出てしまった今、撤退にもお金がかかりますが早めに止血しないと大変な状況の企業は多いです。
コロナがきっかけになって多くのチェーン店で同様のことが進むと思うが、これは企業の利益改善に有効なシンプルな打ち手。多くの店舗やサービスを持つ企業のほとんどが、下位2割程度の整理を行うだけで、大きな筋肉質化が望める(ファンドなどがよくやる打ち手の1つ)。ただ、今回のようなことがきっかけとしてないと意外と実行できない打ち手。
大手飲食店チェーンも売上の激減で、資金繰りは相当余裕がなくなってきている。業者に対する支払いの遅れや繰り延べといった話を、この2カ月の間にたびたび耳にするようになった
ワタミやコロワイド等力のある居酒屋はこうした対策を取れるが、家族経営をやっているしかも借金してスタートしたばかりの居酒屋やバー等ひとたまりもない状況だと思います。
コロナSHOCKは年内かなりの爪痕を残しますね。
飲食店は本当に大変だと思います。街の風景が変わりますね。。。撤退した居酒屋チェーンなどの飲食店の後に入るのは、どういう業態なのでしょうね。Amazon Goでしょうか?あるいはトランクルーム?
地下などの窓がない場所にある店舗も多いでしょうから、シェアオフィスは難しそうですし。
こういうニュースがでると『あそこも落ち目か』と思われがちですが、閉店するにも費用がかかるので、早いうちに手を打つ企業が最終的に生き残るという見方もあります。

今後の席数減などに備えて早めに対策を講じる動きは評価すべきだと考えます。
これは必ずしも居酒屋全てがダメなんだという
ことを意味しない。そこを誤解してはいけない。

いずれも「不採算店」から撤退するのであって
それによって生まれる「余裕」で新しい取り組み
を始めようとしているのだ、という理解をするのが
正しい。

私の経験でも、企業再生はいつもこうやって来た。

そして新しい事業は、いつもこういうところから生まれてくる。
もともと経営が厳しかった居酒屋業界に、コロナが直撃。

店舗数を減らして生き残りを図るのは当然の策でしょう。

また、仕入れや調理に手間のかかる総合居酒屋からの脱却を目指すのも当然の流れです。

正しい経営判断だと思います。
居酒屋はコロナ前からファミレスの参入や家飲み増等で厳しかったですから、厳しいですね、
営業を再開しても「店舗では席を間引くなどの対応を迫られており、通常営業に戻ったとしても客席稼働率が下がることは避けられず」と。確かに以前のような状況に今すぐ戻るわけでなく、飲食店にとっては引き続き厳しい状況が続くことになるのだろうと思います。
同業他社にもこの動き広がるのか、気になるところ。
ワタミ株式会社(英称:Watami Co., Ltd.)は、日本基盤で主に外食産業を事業展開している日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
424 億円

業績