新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
WHO総会で独立した検証作業の実施などをWHOに求める決議案を採択した。日本や欧州連合(EU)などが提出した。中国も共同提案に加わった。良かった。新型コロナウイルス感染の始まりの解明につながることを期待したい。「中国非難、先にありき」のような発言が米国から続いているが、それは事実解明のためにはならない。感染症拡大の初期段階でどのように感染情報が取り扱われたかを独立した立場で検証をすすめるべき。その過程で日本は積極的に関与すべきだ。WHOの改革構想はその後の課題で良いではないか。
新型コロナウイルスの発生源を巡る独立した調査を率先して求めたオーストラリアに対し、食肉工場の対中輸出許可を取り消したり大麦に80%の追加関税を課したりして猛反発したと報じられる中国が共同提案に加わったというのは意外感がありますが、決議案は中国を名指ししたものではなさそうですし、情報統制と国内の引き締めに定評のある中国で何処まで実効性のある調査ができるものなのか・・・ WHOを巡る米中対立を薄める狙いもある共同提案かと思いますが「米国は名を連ねなかった」とのこと。検証の成り行き次第で米中対立を更に深めることになることもありそうに感じないでもありません (・・;
建前上、中国はWHOとの協力を標榜し、SARSの経験から情報開示にも協力する姿勢は見せている。自由に調査出来るとは思わないが、調査そのものに反対することはできないだろう。台湾のオブザーバー参加とは別次元の問題なので、中国が同調したことは驚きではない。
人民日報傘下の人民ネットによると、
2月早々、中国病気予防センターは二週間かけて武漢でのコロナウイルスについてアメリカと緊密に協力してきた石正麗実験室を調査した。
以下私の推測。

1)米国と一緒にウイルスを研究してきた石実験室には問題はなかった。
2)次に米国がロシア周辺で設立した生物実験室、米国内の実験室を調査するようWHOに求める。
3)おそらく米国の研究者は武漢への調査には参加する資格はない。

アメリカ選挙ではウイルスについては中国カードを使わせない。
アメリカがウイルスとの闘いの失敗を徹底的に暴露していく。
WHO総会で、新型コロナウイルス感染症への対応について、独立した検証作業の実施などをWHOに求める決議案が採択されました。EU日本などが提案、中国も共同提案に加わったものの、WHOで覇権争いをしているアメリカは加わらなかったそうです。
WHOが検証したら独立性の意味が・・・汗